劣化ウラン弾 健康被害?揺れる欧州(朝日新聞 2001年1月11日)


湾岸戦争以来くすぶり続けてきた「劣化ウラン弾疑惑」がまた火を噴いた。今回の舞台は、北大西洋条約機構(NATO)が劣化ウラン弾を使ったバルカン半島だ。欧州各国のボスニアとコソボからの帰還兵の間で、白血病死が相次いだことが騒ぎを広げた。10日のNATO大使級理事会はその対応に追われた。疑惑に拍車をかけているのは、徹底調査に及び腰な米英両岡の態度だ。因果関係を全面否定する米英と、世論を背景に引くに引けないイタリアやドイツなど他の同盟国との対立が深まっている。(ブリュッセル=山本 敦子 ローマ=磯村健太郎)

米英、調査に及び腰追及の独伊と対立
 

 昨年11月、イタリアのミラノ近郊で一人の青年が亡くなった。サルバトーレ・カルボナ口さん24歳。白血病たった。
 

バルカン症候群


 1996年12月、ボスニアの和平安定化部隊に派遣された。99年2月に帰国後に発病。ボスニア空爆で使われた劣化ウラン弾との関係が疑われた。爆発時に発火して飛び散ったウランのちりが人体に及ほす悪影響は、91年の湾岸戦争時からうわさされていた。
 「なぜ私は死のうとしているのか……手袋とマスクを着けなければならないなんて、だれも言ってくれなかった」。死の直前の日記にはこう記されている。

 バルカン帰還兵の白血病死は6人目。イタリア国防省は調査委員会を設置した。年が明けると、カルボナロさんの死は大々的に報道され、大騒ぎになった。

 「バルカン症候群」と名付けられた騒動は、他の欧州諸国にも飛び火。ベルギー5人、ポルトガル3人、フランス4人・・・。ボスニアやコソボに派遣され、がんで死亡したとされる兵士の数が、次々と報じられた。


 スイスやノルウェー、口シアなどでも、帰還兵の健康調査が始まり、当初は「因果関係なし」と主張していたドイツもシュレーダー首相が、劣化ウラン弾の使用凍結を求めるに至った。

因果関係は「未確認」

 これまでのところ、劣化ウラン弾が白血病決やがんなどを引き起こすという決定的な根拠は出されていない。


 8日に会見した世界保健機関(WHO)の専門家は 「肺がんの発生率が高くなることはあっても、白血病との因果関係は確認できない」と語る。オルブライト米国務長官は「ヒステリーに支配されてはならない」と疑惑をはねつけた。


 一方、国連環境計画のコソボ現地調査の中聞報告によると、調査した11ヶ所のうち8ヵ所の放射能レベルが通常より多少高かった。


 だが、劣化ウラン弾を使用した米国は調査への協力に消極的だ。


 NATOが国連に対し、コソボで3万1千発を使用したことを正式に伝えたのは、昨年3月のことだ。空爆終了から9ヵ月かたっていた。現地調査のための攻撃場所の通告はさらに遅れた。

同盟にきしみも

 湾岸戦争では、はるかに多くの劣化ウラン弾が便われ、米帰還兵の「湾岸戦争症候群」が問題になった。米国は因果関係は認めなかったものの、自国兵士への支援は行った。一方で、多数のイラク人の被害は、「反米キャンペーン」として片づけられた。今回もコソボの人々の健康は後回しだ。


 たが、バルカンが湾岸と違うのは、欧州の兵士が「被害者」として浮上したことだ。
 

 米国の圧倒的な軍事力に依存しながらも、同盟国としての発言力では負けていない。キル仏元国防相は9日、「これは同盟国に対する忠誠心の問題だ」と米国を非難した。
 

 米国の本士ミサイル防衛問題などできしんでいる同盟関係。劣化ウラン問題は、結束維持に腐心するNATOに新たな火種を持ち込むことになった。
 

劣化ウラン弾 原発や核兵器製造工場で天然ウランを濃縮する際に生じる劣化ウワンを、弾しんに使った砲弾。安価で、重いため装甲板を撃ち抜く貫通性にすぐれている。米軍が湾岸戦争で初めて戦車攻撃に使い、コソボ空爆ではA-10対地攻撃機から3万1千発が発射された。
日本でも95年から96年にかけて、在日米軍が沖縄・鳥島の射撃場で劣化ウラン弾1500発余りを誤射したことが97年に明るみに出て、政治問題化した。現在も嘉手納基地に貯蔵されている模様だ。昨年も沖縄本島の米軍払い下げ品業者の敷地で数百発の薬きょうが見つかった。
   


ニュース見出し