被ばくの第五福竜丸エンジン公開 33年ぶり船体と一体(朝日新聞 2000年1月19日)
 

 ビキ二環礁の水爆実験で被ばくした第五福竜丸のエンジンが、江東区の都立夢の島公園で一般公開されている。三重県沖の海底から四年前に引き揚げられ三十二年ぶりに船体と一体となったことを記念して、平和団体などが22日、「第五福竜丸エンジンお帰りなさい集会」を開く。
 

 第五福竜丸は遠洋航海中の1954年3月、米国が太平洋のビキ二環礁で行った水爆実験で被ばく。半年後に無線長の久保山愛吉さんが死亡するなどの被害が出た。船は、その後東京水産大学の練習船に使われたが、67年に廃船処分になった。別の本材運搬船に搭載されたエンジンは、翌年の座礁事故で、船とともに三重県熊野灘沖に沈没した。
 

 長い間海底に沈んで忘れ去られていたが96年、「核の悲劇を改めて訴えよう」と、和歌山県海南市のミニコミ紙発行人、杉末広さん(64)らが引き揚げに成功。生協や平和団体などとともに、船体と一緒に夢の島で展示するよう求める市民運動を進め、98年3月に都に寄贈した。
 

 エンジンは鉄製で、全長5.6メートル、高さ2.5メートル、重さ2.5トン。都はさび止めの処理を施した後、船体が永久保存されている夢の島の展示館の前に、鉄骨平屋づくりの展示施設を建設し、今月9日から一般公開している。


 集会は、運動を進めてきた市民団体「第五福竜丸エンジンを東京・夢の島へ都民運動」と「第五福竜丸平和協会」の共催で、展示館前で午後1時半から開く。和歌山や三重、静岡、東京など各地の代表者がリレートークを繰り広げる。大田区在住の大石又七さん(86)ら元乗組員も来賓として出席する予定。


 展示館の三尾喬英館長は 「22二日は第五福竜丸が46年前、静岡県の焼津を出航した日でもある。エンジンと船体が一緒になって、核廃絶に向け新しい航海をしてもらいたいとの願いを込め、この日に集会を開くことにした」と話している。
       


ニュース見出し