線量計、4割がつけず 福島第一事故直後、のべ3千人(朝日新聞2012年9月4日)


 福島第一原発で事故が起きた昨年3月、東京電力が被曝(ひばく)線量を測る線量計「APD」をつけないで働かせた作業員が延べ3千人を超え、全体の4割にのぼることがわかった。緊急対応として作業班の代表者だけに装着させ、全員が同じ線量を浴びたとみなしていた。だが、作業員が代表者と離れて働いていた事例が朝日新聞の取材で判明。正しい被曝記録が残っていない人が相当数いる可能性が出てきた。

 東電によると、福島第一に5千台あったAPDの多くが3月11日の津波で流され、約320台しか残らなかった。12、13日に他の原発から約500台を取り寄せたが、「充電器が足りない」として使用しなかったという。15日以降は作業班の代表者だけにAPDを持たせ、その被曝線量を作業班全員の線量として記録する運用を始めた。こうした対応について、31日になって厚生労働省に報告した。

 原発構内は爆発で高線量のがれきが飛び散り、1メートル離れただけでも線量が大きく違う場合がある。厚労省は一人ひとりの被曝線量が正しく記録されない恐れがあると判断し、ただちに改善するよう口頭で指導した。東電は4月1日から全員にAPDをつけさせる運用に切り替えた。

 東電は3月15日からの17日間で働いた作業員は延べ7766人で、うちAPDの貸し出し記録がないのは4割にあたる延べ3077人と集計。一度でもAPDをつけないで働いた実人数は「膨大な記録を突き合わせる作業が必要」で把握していないというが、数百人以上にのぼるとみられる。

 東電は「代表者のAPDで作業員の線量は十分把握できていた。労働安全衛生法に基づく規則で認められている『測定器での測定が著しく困難な場合は計算で値を求められる』に該当し、法違反ではない」と説明。これに対し、厚労省は31日まで改善しなかったことを問題視し、「もっと早く全員がつけることができた」として同法違反で5月30日付で東電に是正勧告をした。

 APDをつけないで働いた複数の作業員は朝日新聞の取材に「代表者は10メートル以上離れた場所にいた」などと証言した。彼らの被曝記録は不正確な可能性が高く、「本当の被曝線量が分からず不安だ」と漏らす人もいる。

 作業員は自らの被曝線量を記録する放射線管理手帳を持ち、がんなどの病気になった際の労災認定や訴訟で重要な証拠となる。がん検診の助成を受けるにも被曝記録は必要。正しい被曝記録がなければ、十分な補償や救済が受けられない恐れがある。(青木美希)

     ◇

 〈線量計「APD」〉 体の外から浴びた放射線量を刻一刻と表示し、設定した値に達すると警報が鳴る。男性は胸ポケットに入れて働く。東電は福島第一原発で働く作業員全員に毎朝貸し出し、その日の作業が終わると返却させている。大量の放射性物質が放出された事故直後の現場では作業員に危険を知らせるため特に重要な装備で、作業員が浴びた累積線量のデータにも使われている。

 原発作業 線量は車内に待機した責任者と同じ扱い(朝日新聞2012年9月4日)

 福島県の建設会社に勤める30代男性は今年4月、健康診断の結果を知らされ不安になつた。白血球の数が異常に多かったからだ。あの日のことが浮かんだ。

 昨年3月16日。福島第一原発の原予炉建屋周辺は爆発の跡が生々しかった。天井はコンクリートの塊に埋もれ、ずき間から黒い煙が上がっていた。

建屋に隣撰する発電機に20㍑のポタンクニつ分の軽油を注入するのが任務だった。元請け会社の責任者は彼を含む下請け作業員3人を軽トラックに乗せ、建屋まで約20メートルに接近した。

「あそこの発電機だ」

責任者はそう指示して自らは軽トラックの助手席に残り、3人にポリタンクを持って走らせた。
顔を全面マスクで覆っていて息苦しい。メガネは曇 って前が見えず、がれきに足をとられそうになる。それでもいちばん心配だったのは、放射能だつた。

風向きが変わり、頭の上に黒い煙がたなびく。早く行かなけれぱ-。

 建屋横の発電機に軽油を注ぎ、別の発電機にも入れて軽藤トラックに駆け戻った。その間、10分ほどだったか。作業拠点の免震重要棟に戻り、マスクを取って深呼吸を繰り返した。
そこで責任者が言った。」

「線量、30分当たり1ミリ(シーベルト)だったわ。4人、同じ線量だから」

 原子炉建屋の横までポリタンクを担いだ3入は誰一人、線量計「APD」」をつけていなかった。ひとりつけていたのは軽トラックで待機していた責任者だ。その被曝線量が、自分たちの被曝記録となる-。

 納得できなかった。けれども、3次下請け会社の社員だ。元請けの責任者に逆らえぱ、明目から仕事はないだろう。指示されるまま、記録用紙に自らの被曝線量を「1時間、2ミリシーベルト」と書き込んだ。

 建屋近くには高線量のがれきが飛び散り、それから1カ月以上たった4月20日でもコンクリート片から毎時900ミリシーベルトが測定されている。

 男性は数目後、今度は別の建屋にたまった汚染水を取り除いた。その時もAPDをつけた代表者は1階で待機し、汚染水がたまる地下2階で働いたのはAPDをつけない作業員たちだつた。
がんを発症したら、あの時の被曝が原因だと認められるだろうか。不安は募る。 (青木美希)




ニュース見出し