1号機の圧力容器、地震5時間後に破損 保安院解析(朝日新聞2011年6月7日)


東電と保安院の解析結果の違い


 経済産業省原子力安全・保安院は6日、東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性物質は77万テラベクレル(テラは1兆倍)とする解析結果をまとめた。また1〜3号機とも溶けた燃料が原子炉圧力容器の底にたまる炉心溶融(メルトダウン)を起こし、1号機は東電の解析よりも急速に事故が進み、地震5時間後には圧力容器が破損していたとする分析もまとめた。

 1〜3号機でメルトダウンを起こしたなどとする東電の解析について、保安院が検証していた。この結果、放射性ヨウ素換算で77万テラベクレルとなり、保安院のこれまでの推算の37万テラベクレルや、原子力安全委員会が周辺の観測値から求めた63万テラベクレルを上回る数値になった。

 数万テラベクレル以上になると国際的な事故評価尺度(INES)で「深刻な事故」とされる。チェルノブイリ原発事故(520万テラベクレル)と同じ最悪のレベル7に相当することに変わりないが、より厳しい状態だったことを示した。

 保安院は2号機の格納容器で温度が設計の上限値の138度を超え、格納容器に50平方センチ、圧力抑制室に300平方センチ相当のすき間ができたと想定。このため、放出量が大きくなったという。

 またメルトダウンを起こし圧力容器が破損した時間は、東電の解析結果より1、2号機で早まった。1号機は地震が発生した3月11日午後2時46分から約5時間後の午後8時ごろ(東電の解析では12日午前6時ごろ)と10時間早まり、2号機は14日午後10時50分ごろ(同16日午前4時ごろ)と29時間早まった。

 一方、3号機の破損は13時間遅く14日午後10時10分ごろになった。保安院は「東電の解析より圧力などの挙動が再現できている」としている。

 1号機で炉心の露出が始まったのは11日午後5時ごろで、午後5時50分に中央制御室の白板に書き込まれた線量上昇の記録や、その後原子炉建屋が立ち入り禁止になり、タービン建屋で線量が上がった記録とも整合するという。この結果、建屋内に水素ガスが漏れ出たとした。(佐々木英輔、小堀龍之)


ニュース見出し