福島11地点でストロンチウム 原発から60キロでも(朝日新聞2011年6月9日)



 文部科学省は8日、放射性ストロンチウムが東京電力福島第一原子力発電所から62キロ離れた福島市など、福島県内11カ所の土壌で新たに検出されたことを明らかにした。放射性セシウムが検出されたところでは、微量に見つかるとされており、それが証明された形だ。放射性ストロンチウムには半減期が長いものがあって、体に入ると長期間影響を及ぼす可能性があり、監視が必要だ。

 検出されたのは4月10日〜5月19日に採取された土壌。福島市では半減期約29年と長いストロンチウム90が1キロあたり77ベクレル、半減期約50日と短いストロンチウム89が54ベクレル検出された。

 最も多かったのは浪江町赤宇木で、それぞれ250ベクレルと1500ベクレル。北西部に36キロ離れた飯舘村では120ベクレルと1100ベクレルで、これまでに20キロ圏内で検出されていた値よりも高かった。ほかに田村市、広野町、川内村、南相馬市、二本松市でもストロンチウムが検出された。文科省は採取した土壌をさらに細かく分析するという。

高濃度のストロンチウム検出 福島第一の地下水や海水(朝日新聞2011年6月13日)

 東京電力は12日、福島第一原発の地下水や周辺の海5カ所から、放射性ストロンチウムを検出したと発表した。海では基準の濃度限度の240倍の地点もあった。ストロンチウム90は半減期が約29年と長いうえ、体内に入ると骨にたまる傾向がある。

 これまで原発敷地内の土壌からは検出されていたが、地下水から見つかるのは初めて。5月18日に採取した1号機付近の地下水からは、ストロンチウム89が1立方センチあたり0.078ベクレル、90が0.022ベクレル検出された。2号機付近の地下水は89が19ベクレル、90が6.3ベクレルだった。原発事故で放出され、雨水などとともに空気中や地表から流れ込んだとみられるという。

 5月16日に採取した1〜4号機の取水口近くの海水でも、ストロンチウム89が基準の濃度限度の26倍、90が53倍を検出。2号機取水口付近ではそれぞれ67、117倍、3号機取水口付近では80倍、240倍を検出した。

福島第一原発、作業員9人が計画線量以上に被曝(朝日新聞2011年6月10日夕刊)

東京電力は10日、福島第一原発3号機の原子炉建屋内に線量調査で入った作業員9人が計画線量を超える被曝(ひばく)をしたと発表した。

 東電によると、作業員9人は9日午前11時47分〜午後0時14分の約30分間、3号機の原子炉建屋内に入った。作業時の被曝量の目安「計画線量」を5ミリシーベルトに設定していたが、9人は、5.88〜7.96ミリシーベルトを被曝した。

 計画線量は一回の作業であらかじめ定めておく被曝線量。作業内容によって被曝線量は異なる。今回の作業の目的は、水素爆発を防ぐための窒素封入に向けた線量や計器の点検だったという。

東電の2社員、多量の内部被曝 数百ミリシーベルトか 2011年5月30日13時54分

東京電力は30日、東電福島第一原子力発電所で作業していた男性社員2人が数百ミリシーベルトの放射線を浴びていた恐れがあると発表した。今回の作業で認められている被曝(ひばく)線量の上限250ミリシーベルトを超えた例はこれまでなかったが、この値を超えれば今後の作業はできなくなる。ただ急性症状が出る1千ミリシーベルトの被曝までには至らなそうだという。

 東電によると、この2人は30代と40代の男性社員。今は原発を離れて作業に当たっていない。3月11日の地震発生時から5月下旬まで、3、4号機の中央制御室などでデータの確認作業などをしていた。地震直後には、マスクを付けていなかった。放射性ヨウ素が甲状腺に取り込まれるのを防ぐ安定ヨウ素剤を飲んだのは3月13日だった。

 4月から5月にかけて、2人の全身を検査したところ、内部被曝の量が多い可能性が高いことが分かった。今月23日に体内の放射性物質の量を詳しく調べたところ、甲状腺から、それぞれ9760ベクレル、7690ベクレルのヨウ素131が確認されたという。放射性物質は時間の経過に伴い減る性質(半減期)があり、吸い込んだのが地震直後だとすると、逆算した数値は高いとみられる。「被曝量は数百ミリシーベルトになるかもしれない」という。

 体の外から放射線を浴びる外部被曝は、30代男性が73.71ミリシーベルトで、40代男性が88.7ミリシーベルト。2人は放射線医学総合研究所で診断を受けるが、今のところ健康に問題は見られないという。今後、放射性物質を取り込んだ経緯などを調べる。

 松本純一・東電原子力・立地本部長代理は会見で「直ちに健康に影響はなく、緊急時医療が必要なケースではなかった」としている。(小宮山亮磨、高山裕喜)



ニュース見出し