岩手の稲わらからもセシウム 5戸から牛19頭出荷済み(朝日新聞2011年7月21日)


 国の基準値を超える放射性セシウムに汚染された稲わらが牛にえさとして与えられていた問題で、岩手県は20日、一関市と藤沢町の畜産農家5戸のわらから基準の約2〜43倍のセシウムが検出されたと発表した。5戸からは計19頭が東京都に出荷されていた。

 わらは、いずれも東京電力福島第一原発の事故後に地元で収集されたものだという。一関市と藤沢町はともに宮城県境で、第一原発から約150キロ離れている。収集したわらの汚染が確認された県は福島、宮城に次いで3県目。

 県によると、5戸のわらからは1キロあたり2560〜5万7千ベクレルのセシウムを検出した。乾燥前の生草に換算すると583〜1万2984ベクレルで、国の基準(1キロあたり300ベクレル)を超えていた。県は流通先を調べるとともに、原発事故後に集めたわらを与えた牛の出荷を自粛するよう県内全域に改めて要請した。

 一方、この日も各地に出荷された宮城県産のわらから、基準値を超えるセシウムが相次いで検出された。静岡県によると、富士宮市の農家が仕入れたわらから基準の約7倍のセシウムが検出された。この農家は148頭を愛知県や大阪府などに出荷していた。秋田県では15倍、群馬県では1.3倍、埼玉県では最高で約30倍、新潟県では約11〜27倍、岐阜県では約12倍のセシウムが検出された。

 朝日新聞社の20日現在のまとめでは、汚染わらが見つかった農家から出荷された牛は岩手、秋田、山形、福島、群馬、埼玉、新潟、岐阜、静岡の9県の農家計37戸から判明分だけで1200頭以上となっている。これらの肉の流通は、この日新たに宮崎、鹿児島両県でも確認され、45都道府県に上る。流通が確認されていないのは、鳥取、沖縄の2県。

稲わらから高濃度セシウム 南相馬の汚染牛のえさ 2011年7月11日15時1分


 福島県南相馬市の畜産農家が出荷した牛11頭から基準を超す放射性セシウムが検出された問題で、同県がこの農家から提出を受けたえさなどを検査した結果、稲わらから高濃度の放射性セシウムが検出されたことが、関係者への取材でわかった。農家は県の聞き取りに、東京電力福島第一原発が爆発した際に屋外に置いていたわらを牛に与えていた、と説明したという。

 県と農林水産省は、原発事故で汚染されたわらで内部被曝(ひばく)した可能性が高いと判断。農家は出荷時の県側の聞き取りには正しく申告していなかったとみられ、点検のあり方について改善できないか検討を進める。

 県と農水省は10日、農家を実地調査。えさの配合飼料と牧草、わら、井戸水を検査用のサンプルとして採取した。検査の結果、わらからかなり高濃度の放射性セシウムが検出された。

 問題の牛11頭は7日に出荷された。これに先立ち、県は6月26日に牛の体表の放射線量検査(スクリーニング)を行い、全頭が数値ゼロでクリア。この際、えさの管理状況や牛の飼育状況の聞き取りをし、農家はわらについて「震災前に収穫したもの」と申告していた。しかし、10日の聞き取りには「爆発時に屋外にあったわらも与えていた」と話したという。

 原発事故を受け、県は3月25日、飼料は事故前に刈り取って屋内に保管されたものを使うことなどを農家に指導していた。

 この農家は「緊急時避難準備区域」にある。県は、同区域と「計画的避難区域」から牛などを出荷する際の取り扱いについて農水省に照会。同省は4月18日付で点検内容を県に提示した。(井上亮)

えさ汚染「夢にも思わず」 福島、383頭出荷の業者 2011年7月19日8時31分

 放射性セシウムで汚染された稲わらを食べ、市場に出荷された可能性がある牛の数が、また増えた。福島県だけでなく、宮城県の業者が販売したわらの汚染も相次いで分かり、使った農家が広がっている。

 福島県では、新たに5市1町の7戸から出荷された計411頭が汚染わらを食べていた可能性が判明。このうち383頭は、同県須賀川市の畜産業者が育てていた。「宮城県から仕入れたわらで、汚染されているとは夢にも思わなかった」。社長(65)は驚いた様子で話した。

 同市の牧場だけでも約2600頭の肉牛を飼育している大規模経営。原発事故後、宮城県栗原市の仲介業者からわらを購入して牛に食べさせてきたが、「何頭が問題のわらを食べたかはわからない」という。

 社長は、肉牛には牧草や飼料をもっぱら与え、わらの割合は数パーセントと説明する。「出荷した肉牛から高濃度のセシウムが検出されることはないと思う」と話した。

 新潟、山形の両県でも、宮城県から出荷されたわらの汚染が見つかった。汚染が見つかった農家とは別の新潟県長岡市内の農家は「挟み撃ちで事故にあったようなものだ。(集団食中毒が起きた富山の)ユッケ問題で肉の消費が落ちていたところに、今回の問題。もう、やってられない」と嘆いた。

 汚染わらを食べた可能性のある牛は両県合わせて94頭。新潟県は県内すべての農家に対して宮城県産の稲わらの使用自粛を要請した。山形県も、農水省が緊急点検の対象としている1都10県のわらについて、安全が確認されるまで使わないよう求めた。

 福島県は18日までに、計画的避難区域と緊急時避難準備区域で牛を飼っている農家全230戸と、その他の地域の全肥育農家281戸に対する緊急の立ち入り調査を終えた。繁殖農家2800戸の調査は8月3日まで続ける予定だが、「当面出荷する可能性がある農家ではこれ以上問題はないだろう」とみている。頭数が多かった東京都は流通状況の把握を始めた。

 汚染わらを食べた可能性がある牛は、17日までに計143頭が出荷されていたことが判明している。朝日新聞社の18日現在の集計では、これらの牛の肉は少なくとも37都道府県に流通していた。



ニュース見出し