福井・大飯原発:安全委、きょうにも「妥当」了承

再稼働1次評価で(毎日新聞 2012年3月23日)

 定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に必要な安全評価(ストレステスト)1次評価について、内閣府原子力安全委員会は、経済産業省原子力安全・保安院が「妥当」と判断した審査書の内容を23日にも了承する方針を固めた。

 これで再稼働に向けた技術的な手続きは終了する。野田佳彦首相らは政府の統一見解として安全を確認する手続きに入る。その後、地元へ説明し、理解が得られれば再稼働を決断する。ただし、福井県などは慎重姿勢を崩しておらず、再稼働の時期は不透明だ。

 ストレステストは1次評価と、運転継続の判断に使う2次評価の2段階で構成される。安全委は1次評価についての保安院の審査書は、「技術的な観点から手法に大きな問題はない」と確認した。ただし、1次評価だけでは「総合的な安全性確認としては不十分」と判断し、常に新しい知識を取り入れて、安全性を向上させる対策を続けることを求める方針だ。【岡田英】

大飯原発の耐性評価、安全委も「妥当」 確認文書公表(朝日新聞2012年3月23日夕刊)

定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)について、内閣府の原子力安全委員会は23日午後、経済産業省原子力安全・保安院が「妥当」としたストレステスト(耐性評価)の1次評価審査書を認める確認文書をまとめた。臨時会議を開き公表した。再稼働へ向けた技術面の安全確認の手続きは完了し、今後は野田佳彦首相らが安全性を総合的に判断し、地元に再稼働への理解を求める。

 安全委がストレステストの確認文書を出すのは大飯原発3、4号機が初めて。

 安全委は保安院が出した審査書について、技術的観点から問題ないと確認。ただ、今後も継続的な改善を図って安全性を向上することが重要で、国際的に最新の知識や経験を迅速に取り入れて対応することなどを求めた。


ニュース見出し