原爆症訴訟、新基準の「5疾病」以外も認定 札幌地裁(朝日新聞2008年9月22日夕刊)

 原爆症の認定申請を却下された北海道内の被爆者7人が国に不認定処分の取り消しなどを求めた集団訴訟の判決が22日、札幌地裁であり、竹田光広裁判長は、国が4月に運用を始めた新基準ですでに原爆症と認めている3人を除く4人すべてを原爆症と認定した。判決は、新基準で積極認定している「5疾病」以外の原告も認定した。4月以降、司法の場で5疾病以外が原爆症と認定されたのは2高裁、2地裁に続いて5例目となった。

 新基準は、爆心地から約3.5キロ以内で被爆するなど一定の条件を満たし、がんや白血病、副甲状腺機能高進症などの5疾病を発症すれば積極的に原爆症と認定する、などの内容。

 今回は5疾病に含まれていない高血圧症や肝硬変、慢性C型肝炎、慢性甲状腺炎なども原爆症と認められた。認定されずに精神的な苦痛を受けたとして、1人300万円を求めた損害賠償については7人全員の請求を棄却した。

 原告7人のうち3人は、新基準が適用されて原爆症の認定をすでに受けていたが、「司法の判断を仰ぎたい」として訴訟を継続していた。

 肝硬変を患う原告の柳谷貞一さん(82)は「勝訴して本当にうれしい。寝込みがちな体を調整しながら長い裁判をたたかってきた。国は司法判断を重く受け止め、5疾病以外もきちんと認めるべきだ」と基準の再見直しを求めた。


ニュース見出し