原爆症認定求め45氏提訴 (しんぶん赤旗 2003年6月13日)

原爆症の認定却下処分の取り消しを求めて、広島、長崎、熊本の被 爆者が十二日、国と厚生労働大臣を相手に提訴しました。提訴したの は広島地裁に二十七人、長崎地裁に十二人、熊本地裁に六人の合わせ て四十五人。四月十七日に第一陣が提訴してから、今回で七十三人と なりました。

広島

広島県では原爆被爆者二十七人が広島地裁に提訴しました。 この日提訴した原告は 男性十三人、女性十四人。うち十五人が各種のがんを患っています。原告らは入市被爆した三人をはじめ、爆心地から〇 ・五〜四・一キロで被爆。 今月九日に提訴した胃が んを患う男性(六五)をあわせ、広島の原告団はニ十八人になります。

「これが私らの最後の平和運動だ」。被爆者をはじめ約六十人の支援者とともに、病をおして十六人の原告が自ら訴状を提出しました。

報告集会であいさつした原告団長の重住澄夫さん(七四)は、「高齢化した私たちに残された時間はありません。今回の提訴は、私たちの五十八年間の被爆人生をかけた最後 のたたかい」と、こみ上 げる思いに声をつまらせ ながら声明を読み上げました。

佐々木猛也弁護団長は 「生きることが必要なのです。そして、くじけてはなりません。勝利の日まで頑張りましょう」と原告を激励しました。

長 崎

長崎県では、十二人が 長崎地裁に提訴しました。四月の三人に続く第二次集団提訴です。(う ち一人は提訴後死亡)

 訴えたのは長崎市の浦川寧さん(六六)ら県内に住む十二人で、胎内被爆の男性(五七)一人も含まれています。

地裁前には原告や家族、弁護団、支援者ら約五十人がかけつけ、提訴を見守りました。 爆心地から二・一キロの自宅で被爆。倒壊した家 の下敷きになり、三十年近く心臓や肝臓疾患に苦しんできた木村不二男さん(七一〉は、「(原爆症)認 定率があまりに低いのはなぜかと思う。後遺症はずっと続いており、生きているうちに認めてほしい」と語りました。

 支援にかけつけた長崎原爆松谷訴訟の元原告・松谷英子さんは、「裁判は時間がかかりたいへんだけど、一日も早く認定を勝ち取るよう、からだを大事にしていっしょ にがんばりましょう」 と原告団を励ましまし た。

熊本

 熊本県では、第一次として熊本地裁に六人が提訴しました。

 原告の上村末彦さん(七七)=八代市=は「提訴を機会に、認定申請を国が気持ちよく受け入れるようになってほしい。 次々と病気も加わりながら被爆者は生きている。一日でも長生きできるようがんばりたい。支援してください」と訴えました。

坂口和子さん(七ニ)=八代市=は「地獄の中でもがき、悲しみ生きてきた。原爆や戦争に強い憎しみを持ちます。みなさんの力で現在まで生きてきました。私たちの思いが届きますよう力添えをお願いします」と話しました。

板井優弁護団長は「被爆者のうち原爆症の認定を受けたのはわずかO・七六%。国は、予算に合わせて認定している。この国の逆立ちをただしたい」とのべました。

提訴前の裁判所前集会では、熊本県原水協の中島絹子理事長も激励のあいさつをしました。



ニュース見出し