原爆症千葉訴訟、二審も基準外の2人を認定 (朝日新聞2009年3月13日)

 広島、長崎の被爆者で、千葉県内に住む4人が国に原爆症の認定などを求めた集団訴訟の控訴審判決で、東京高裁(渡辺等裁判長)は12日、一審・千葉地裁判決に続き、肝硬変など国の認定基準外の疾病のある未認定の女性2人を原爆症と認定した。肝機能障害については全国の地裁で争われた同様の集団訴訟で約20件認定されているが、高裁段階で認められたのは初めて。

 国はこの日の判決のほか、東京、大阪の両高裁で5月に判決が言い渡される2件の訴訟の判断を踏まえ、原爆症認定基準を再検討する方針。この日の判決は、基準緩和に向けた一つの検討材料になりそうだ。

 判決は、認定基準外の疾病であっても、肝機能障害などの場合は「がん以外の死因による死亡率と放射線被曝(ひばく)との間に関連性があることは否定しがたい」と指摘。関連性について科学的な解明が必要だとする国の主張を退けた上で、「被曝と発症や悪化との間に関係があることが事実上推定される」として、2人を原爆症だと認めた一審判決を支持した。

 一方、4人が求めていた国に対する損害賠償請求はすべて棄却した。


ニュース見出し