原爆の討論で歴史学んだ娘 (朝日新聞 声 2001年6月13日)

公認会計士 星野 祐一(シカゴ 44歳)

本紙文化面に掲載された入江昭氏の「歴史は各国別々ではなく共有されるもの。事実関係を把握し、お互いの運命がどうかがわり合つているかを探ることが歴史を学ぶ目標」との論旨は一理あると思いました。
 14歳の娘がいます。娘いわく、学校でディベート(討論)をやつたという。原爆は投下すべきであったかの討論で、娘は投下すべきではなかった側のチームだつたとのこと。
 アメリカの教科書では原爆投下を正当化しています。戦争の早期終結と、硫黄島、沖縄戦で予想を超える犠牲者を出した教訓から、これ以上の犠牲者は出せないとの判断で原爆投下に踏み切つたという記述が一般的なようです。
 投下すべきではなかったと主張する側は教科書に書いてない事実の提示、論旨展開をする必要があります。そこで、資料集めのためにインターネットにアクセスしたり、時には、インタビユーをしたりするといいます。また、相手側の論旨展開を予想しつつ反論の準備もするといいます。
 子供たちは、一つの歴史上の事実を複眼でみる訓練と国家、民族、宗教などの違いで様々な歴史観があることを学んだようです。
  日本では歴史教科書が議論されていますが、どのように歴史教育をするかという運用面の議論が欠如しているように思えます。娘が受けた歴史教育も参考になるのではと思いました。


ニュース見出し