米原潜、通報なく入港 佐世保初の取り決め違反(朝日新聞 2001年4月3日)

 米海軍の原子力潜水艦が2日午前10時45分ごろ、[入港の少なくとも24時間前に通報する」という日米両政府の取り決めに違反して、通報なしで長崎県佐世保市の佐世保港に入港した。事前通報は64年に取り決められたが、外務省によると、通報がないまま米原潜が日本に寄港したのは、今回が初めて。
 

 入港したのは、ロサンゼルス級攻撃型原潜シカゴ、(水中排水量6927トン、130人乗り組み)。佐世保海上保安部によると、接岸せずに20分間ほど停泊し、午前11時5分に出港した。乗組員の出入りはなかつたという。市による放射能測定などは通常通り実施された。
 

 外務省から1日、同市にあつた連絡では「港外で停泊するが、入港はしない」だつた。外務省は2日朝、在日米海軍へ確認したが「入港はしない」との返答だった。
  

 外務省が米軍から聴いたところでは、潜水艦部隊から在日米軍への入港連絡が届いていなかったためという。責任の所在は不明で、同省は2日、米大使館に遺憾の意と再発防止を申し入れた。
 

 佐世保市の光武顕市長は2日夜、緊急に会見し「重大かつ危ぐすべき事件で憤りを感じる」と述べ、長崎県の仝子原二郎知事は「米軍、国との信頼関係を揺るがすもので、説明を求めたい」などのコメントを出した。

       
   最近の米原潜出入港24時間前通報ルールの主な違反事例(新聞あかはた2001年4月4日)
 

1997年
6月21日 無通報出港 ポーツマス(佐世保)

9月22日 ● ブレマートン(横須賀)
1998年
5月4日 ● サンフランシスコ(佐世保)

11月13日 ● キーウエスト(横須賀)
 

1999年
8月12日 ● ロサンゼルス(佐世保)

9月8日 ● ロサンゼルス(横須賀)

11月11日 ● サンタフエ(横須賀)

12月23日 出港通報遅れ トピーカ(佐世保)

2000年
2月16日 ● シャルロット(佐世保)

5月8日 ● ソルトレイクシティー(佐世保)

5月23日 ● シヤルロット(ホワイトビーチ)

9月6日 ● コロンブス(佐世保)

11月7日 出港通報遅れ ホノルル(佐世保)

2001年
1月26日 ● ホノルル(ホワイトビーチ)
  

(注1)●は、入港の通報遅れ
(注2)米原潜の出港についても、「慣例」として24時間前に通報することになっている。

米原潜シカゴの佐世保港無通報入港の経緯(新聞あかはた2001年4月4日)

4月1日午前10時22分
 外務省が佐世保市東京事務所に@米原潜シカゴが2日午前11時から正午ごろまで佐世保港外に沖合停泊する(参考情報)A米原潜サンタフエが2日、赤崎岸壁に接岸すると連絡

同日午後5時40分
 佐世保市環境保全課が同市基地対策課に 「米海軍佐世保基地から佐世保海上保安部経由で、米原潜シカゴが2日午前10時30分から11時30分まで、港内に停泊するとの連絡があつたが、本当か外務省に確認してほしい」と要請

同日午後5時50分
 同市基地対策課が、外務省に米原潜シカゴの港内停泊の有無について問い合わせ

同日午後7時43分
 外務省が同市基地対策課に「在日米海軍に確認したが、港内に入るとは聞いていない」と回答

2日午前10時30分

 同市基地対策課に外務省から「在日米海軍に確認したところ、米原潜シカゴは入港しないことを最終確認した」との連絡が入る

同日午前10時46分
 米原潜シカゴが港内に停泊

同日午前10時50分
 同市環境保全課に同市基地対策課職員から米原潜シカゴの入港を現場で確認したとの電話が入る

同日午前11時5分
 原潜シカゴが出港


ニュース見出し