英裁判所「原潜破壊」また無罪 核兵器は国際法違反(朝日新聞 2001年2月2日)


 【口ンドン1日=沢村亙】英海軍基地に忍び込んで核搭載原子力潜水艦の一部を壊そうとして起訴され、公判で「核兵器は国際法上、違法だから、破壊するのは正当な行為」と主張していた女性二人に対し、裁判所の陪審団がこのほど無罪評決を言い渡した。英国で同様の抗議行動が有罪を逃れたのは4件目。

「核廃絶まで抗議を続ける」と勢いづく反核市民団体に対し、保守派からは「陪審制度を見直すべきだ」という声が上がり始めた。


 2人は45歳と57歳の反核活動家で、1999年11月にイングランド北部のバ口ー海軍基地に停泊中のドライデンド原潜に潜って近づき、ハンマーで壊そうとして逮捕された。
 

 マンチェスターの裁判所で開がれだ公判で、2人は「行動を起こさない政治家に代わり、市民として核兵器による大量破壊をくい止めなけれほならなかった」と主張していた。
 

 英国では96年、「インドネシアに輸出され、東ティモールでの大量虐殺に使用される恐れがある」と戦闘機の製造工場に侵入した女性4人に、無罪評決が言い渡された。99年と昨年にも、原潜の一部を壊したり、反核ス口ーガンを書いたりした活動家が、「核兵器は国際法違反」の主張が認められて有罪を逃れた。
 

 反核デモから、侵入と破壊という抗議スタイルの変化を受けて、英国防省は破壊行為への発砲権限を与えた特殊部隊の配備を検討中だといわれる。だが、こうした抗議手法が裁判所で「お墨付き」を得るケースが重なったことで、実力阻庄は極めて難しくなった。
 

 また、刑事事件の下級審での判断とはいえ、「核兵器は国際法違反』という主張が相次いで支持されたことは、「核兵器は抑止力として必要」との立場をとるブレア政権にもじわじわと影響を与えそうだ。
 

 英国では遺伝子組み換え(GM)作物の農場を襲撃した環境団体グリンピースの活動家28人に対して、裁判所の陪審団が昨年9月、「周囲の農場がGMに汚染されるのを防ぐ正当な行為」との主張を認める無罪評決があった。「陪審制度は雰囲気に支配されがちで、見直すべきだ」 (保守系のデーり1・テレグラワ紙)と、裁判制度に矛先を向ける意見も出ている。   


ニュース見出し