新たに3原発で点検漏れ 原子力安全基盤機構(朝日新聞 2007年2月26日)

 経済産業省原子力安全・保安院は26日、原子力発電所の定期検査で国の確認作業を請け負った独立行政法人・原子力安全基盤機構が、新たに三つの原発で点検漏れをしていたと発表した。同機構の点検漏れは、日本原子力発電の東海第二原発(茨城県)に続き4件目。保安院は、3月9日までに原因を究明し、再発防止策を出すよう指示している。

 保安院によると、新たに点検の不備が見つかったのは、九州電力の玄海2号機(佐賀県)、川内2号機(鹿児島県)、中部電力の浜岡4号機(静岡県)。

 04〜06年の定検で、蒸気タービンの配管弁検査(玄海)や非常用ディーゼル発電機の分解検査(川内)、地震加速度計など安全装置の点検(浜岡)で、電力会社の点検作業が適正か確認するはずだったが、一部の記録が残っていなかった。いずれも定検は適正に実施され、安全上の影響はないという。東海第二原発の点検漏れを受けた保安院の指示で、同機構が過去に請け負った全定検135件について記録を調べて判明した。


ニュース見出し