浜岡原発:配管の一部が破断 (毎日新聞 2001年11月7日)

 7日午後5時ごろ、静岡県浜岡町の中部電力浜岡原発1号機(沸騰水型軽水炉、出力54万キロワット)で、緊急時に原子炉内に注水する高圧注入系が手動起動試験中に停止し、建屋内の10カ所で火災報知機が作動した。火災は起きていなかったが、中電が原子炉を手動停止して調べたところ、建屋内に微量の放射線を含む蒸気が漏れていることが分かった。放射能漏れなど外部への影響はないという。

中電によると、原子炉から出る蒸気を導いてタービンを駆動させる配管の一 部が破断し、漏れたらしい。


浜岡原発:原子力安全・保安院「深刻な事故」と認識 (毎日新聞 2001年11月8日)

 静岡県浜岡町の中部電力浜岡原発1号機(沸騰水型軽水炉、出力54万キロワット)で7日起きた「緊急炉心冷却装置(ECCS)」系の配管の一部が破断し、微量の放射能を含んだ蒸気が漏れた事故で、原子力安全・保安院は8日、「深刻な事故」との認識を示し、全国の原発で同規格の配管を検査する方針を明らかにした。また、外部への影響がなかったことなどから国際原子力機関(IAEA)の定める事故の国際評価尺度で「暫定1」との見解を示した。中電の取った緊急措置で1号機の原子炉は同日午前0時1分、停止した。中電は、建屋内の洗浄作業終了を待って、原因調査を開始する。 

 1号機は、発電のための通常運転をしながら、高圧注入系の試験をしていた。破断したのは、配管がL字形に曲がった部分。建屋内の2階部分にあり、当時2階には作業員はいなかったが、建屋内の放射線管理区域内には38人がいたという。

 原子力安全・保安院は7日夜、配管は内側からめくり上がり、完全に破裂していたことを明らかにした。

 また同院の吉村宇一郎原子力事故故障対策室長・原子力防災広報室長は8日午前の記者会見で、ほかに4系統の安全系があるとはいえ、深刻な事故だ。原因は詳しい調査を待たねばならないが、瞬時に破断したとの連絡を受けており、写真で見る限り非常に大きな圧力がかかったようだ」と話した。

 破断した配管は、1993年から94年にかけて実施された定期点検時に現在のものと交換された。同一仕様の配管は浜岡原発2、3号機にも使用されている。中部電力が10月3日に行った前回の高圧注入系の試験では異常はなかった。破断した配管は(炭素鋼製)は最高で1平方センチメートル当たり84・4キログラムの圧力まで耐えられるように設計されているという。破断した部分は常に約290度の、1平方センチメートル当たり70キログラムの高温高圧の蒸気で満たされているが、吉村室長は「年に一度の定期点検では特に重点的に検査する部分ではない。しかし保安規定や定期点検の実施要領が忠実に行われていたにもかかわらず事故が発生した。このため今後の調査結果を分析し必要であれば検査マニュアルの見直しも視野に収めている」と述べた。

 1号機のECCS安全系には、低圧注入系が3系統、スプレー系が1系統と今回、事故を起こした高圧注入系の計5系統がある。

内径15センチのパイプが瞬時に破断 浜岡原発事故(朝日新聞 2001年11月8日)

 静岡県浜岡町の中部電力浜岡原発1号機(沸騰水型 出力54万キロワット)で7日午後5時ごろ、大事故時に原子炉に冷却水を送り込む高圧注入系の試験中、緊急炉心冷却システム(ECCS)系統の内径15センチの配管が瞬時に破断。微量の放射能を含んだ蒸気が原子炉建屋内に漏れた。屋外への影響はなかったが、中電は原子炉を手動で停止。8日、本格調査を始めた。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、ECCS系統 の配管破断は国内で例がない。国際原子力機関の国際事故評価尺度で「レベル1」(暫定)。95年の高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故と同じ規模だという。

中電によると、高圧注入系から枝分かれした炭素鋼の 配管(肉厚11ミリ)がL字形に曲がる部分で完全に破断した。

高圧注入系のポンプを動かす試験で、この配管に通じるバルブを開閉した際に起こった。この配管にはふだん1平方センチ当たり70キロの圧力がかかっている。バルブ開閉で配管内 の圧力が変化したことなどが原因として考えられるという。

破断部周辺の放射線量は一時、通常の約8倍の1時間当たり290マイクロシーベルトに上 がった。

試験は毎月1回、運転中に実施しており、10月3日の試験では異常がなかったという。しかし、配管のチェックは年に1度の定期点検では義務づけられていない。

今回、冷却水漏れが重なっていれば、高圧注入系全体が働かなかった恐れも否定できない。1号機では93年にこの配管部分を取り換えている。保安院は交換との関連を調べる方針だ。

保安院によると、浜岡原発1、2号機など国内の古い原発には同じような枝分かれした系統がある。ただ、80年代半ば以降に建設された原発にはないという。

浜岡原発の水漏れ監視装置、役に立たず(朝日新聞 2001年11月14日)

 静岡県浜岡町の中部電力浜岡原子力発電所1号機(沸騰水型、出力54万キロワット)で起きた原子炉圧力容器からの冷却水漏れ事故で、「漏えい監視装置」が発見に役立っていなかったことが明らかになった。この装置は、88年に1号機の別の部分で起きた水漏れ事故への対応策として取りつけられた。中電は「水漏れ監視を強化できる」と地元住民などに説明していた。

中電によると問題の監視装置は、監視を強化する目的で圧力容器の外側にあり、今回水漏れ事故が起きた案内管の近くに設置されている。周辺の湿度を測り、異常な湿度上昇で水漏れを検知する仕組みで、作業員がデータを定期的に点検する。

88年に中性子測定のセンサーを出し入れする案内管で冷却水漏れ事故が起きたのを契機に、「念のために」(中電)新規の漏えい監視装置を設置した、と報告書で説明されている。

しかし、今回の水漏れは、9日に起きた高圧注入系配管破断後の点検で初めてわかった。中電は、この装置の作動状況などについて「データを解析するなど調査を進めてから結果を公表する」としている。


7月から水漏れか 配管破断と関連否定 中電 (毎日新聞11月15日)

中部電力浜岡原発1号機(静岡県浜岡町)の原子炉圧力容器底部から放射能を含む水が漏れていた事故で、中電は15日、7日に発生した緊急炉心冷却装置(ECCS)系の蒸気配管破断事故との直接的な関連性はなく、運転中の7月ごろから漏えいしていた可能性があるとの見方を示した。中電は16日から原子炉圧力容器の開放作業を始め、すべての燃料棒を取り出した上で漏えい部位を調べる。部位の特定までには2週間ほどかかるという。全燃料棒の取り 出しは異例。

静岡県庁で記者会見した同原発の阪口正敏副所長は「運転中データを評価してきたところ、運転中に原子炉水が格納容器内にわずかに漏えいしていた可能性を否定できない」と述べた。格納容器内の水分量を計測する露点計の数値が7月ごろから上昇していた。しかし、夏場で水温が上昇し、蒸発量が増えることにより露点計の数値が通常より上がることに加え、以前にも同じケースがあり、漏えいに気付かなかったという。

漏えい部位の調査は炉水を抜かずに、水中カメラで漏えい部位を特定する。

浜岡原発事故:中電が判断ミス認める(毎日新聞11月15日)  

静岡県浜岡町の中部電力浜岡原発1号機(沸騰水型軽水炉、出力54万キロワット)の原子炉底部から炉水が漏れた問題で、中部電力は15日夜、漏れは原子炉を運転中の、7月上旬に生じたと考えられると発表した。原子炉を収めた「格納容器」内の空気中の水分量が、このころから急増していた。中電東京支社の石橋英雄副支社長は「季節変動だと考えて運転を続けたが、データ評価が甘かった」と判断ミスを認めた。

中電によると、格納容器内の空気中の水分を集める装置「ローカルクーラー」に集まる水が7月初めから急増。増加前は1日80?100リットル程度だったのが、9月には182リットルに達した。例年、夏には水量が増えるが、昨夏の最高値は1日100リットル弱だったのに、今年は2倍近くになった。

中電は、放射能を持つ炉水が漏れた可能性を疑い、空気中の放射性ガスなどを分析したが、漏れを確認できなかった。

しかし漏れの発見後、1号機の過去のデータや浜岡原発の他の原子炉などと比べてデータを再分析した結果、この増加は季節変動の幅を超えており、漏れが原因だと考えられることが、14日朝分かった。中部電力はこの事実を、済産業省の原子力安全・保安院に報告していなかった。

水分のデータからみて、運転中の漏れは1日60?70リットルと推定された。9日に停止中の原子炉で見つかった漏れの量は1日約0・7リットルだったが、実際はもっと多かったことになる。【高木昭午】


ニュース見出し