東京地裁、原爆症不認定取り消す判決 被爆と病状に関係(朝日新聞2004年3月31日夕刊)

 学徒動員中の長崎市で被爆し、C型肝炎になった東京都町田市の無職東数男さん(75)が、原爆症と認定されなかったのは不当だとして、国を相手に不認定処分の取り消しを求めた訴訟の判決が31日、東京地裁であった。市村陽典裁判長は「爆心地近くで多大の放射線に被爆したことが、C型肝炎の発症・進行の原因になった」と被爆と病状の因果関係を認めて、不認定処分を取り消した。

 東さんは16歳のとき、爆心地から約1.3キロの長崎市内の兵器工場で被爆した。2週間後から、脱毛や下痢などを発症。その後、肝機能障害を患い、94年に原爆症認定を申請したが、「C型肝炎に基づくものだ」と却下され、99年に提訴した。提訴後の00年には別の病気(肺がん)を理由に原爆症認定されている。

 判決は、被爆がC型肝炎の発症や進行を促進した可能性を指摘した論文があることや、被爆の状況、症状などを全体的、総合的に判断した結果、被爆と病状の因果関係を認めた。

 原爆症認定をめぐる裁判では、過去に4件の判決が出ている。3件は被爆者が勝訴し、1件は敗訴していずれも確定している。

 厚生労働省によると、昨年3月時点で被爆者手帳を持つ全国の27万9174人のうち、原爆症と認定されたのは2223人。認定されると月額約14万円の医療特別手当が支給される。


ニュース見出し