関電のプルサーマル計画、福井県知事が了承言明(朝日新聞 2004年3月15日)

 福井県の西川一誠知事は15日、県庁で記者会見し、プルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を同県高浜町の関西電力高浜原発3、4号機で燃やすプルサーマル計画について、「関電の改善状況は適切で、必要な取り組みができている」と述べ、了承する意向を示した。今週中に関電に正式に伝える。関電は07年の実施を目指し、燃料を海外の核燃料会社に発注することになる。国内のプルサーマル計画では唯一、実現に向けて再始動する。

 西川知事は、同県敦賀市に計画される日本原電敦賀3、4号機(改良型加圧水型、出力各153.8万キロワット)の建設準備工事の着手についても「安全審査や地域振興が着実に取り組まれている」と述べ、了承の意向を示した。月内にも日本原電に正式に伝える。日本原電は今後、国へ原子炉設置変更許可申請、県へ準備工事の許認可申請を提出し、年内にも着工する方針。

 一方、敦賀市にある核燃料サイクル開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」の運転再開の前提となる改造工事計画の事前了解については、「プラントが安全というだけでは、改造工事や運転再開は難しい。研究施設としての新しい役割が大切であり、国の対応を確認していきたい」と述べ、年度内の判断を見送る考えを示した。判断時期については、「現段階では言えない」とした。

 高浜原発でのプルサーマル計画は99年6月、福井県が関電に事前了解を出した。しかし、MOX燃料の製造を発注した英核燃料会社(BNFL)による燃料検査データの捏造(ねつぞう)が発覚し、99年12月に中断している。

 関電は03年10月、再開に向けて、国、県、高浜町に再発防止のための燃料の品質保証の改善策を提出した。経済産業省原子力安全・保安院は今年2月5日、改善策を承認し、原子力安全委員会は今月11日、この評価を妥当と判断。計画再開には県、高浜町の同意が必要で、今井理一町長は12日の会見で再開を了承する意向を示しており、近く県に意向を伝える。

 敦賀3、4号機をめぐっては、県と敦賀市が02年12月に事前了解を出している。

 西川知事がプルサーマル計画の受け入れを表明したことに対し、「脱原発ネットワーク福井」など地元と京都、大阪の住民団体は「プルサーマルの安全性は明らかになっていない」とする抗議文を県へ提出した。


ニュース見出し