98年水爆実験「威力不十分」 インド科学者証言 再実験論浮上か(朝日新聞2009年8月28日)

[ニューデリー=武石英史郎]

98年のインド地下核実験にかかわった幹部の科学者が 27日、当時実施した5回の実験のうち、水爆実験について「威力は不十分だった」と証言した。

インドば包括的核実験禁止条約(CTBT)への署名を拒否する一方、新たな核実験の凍結を表明しているが、国内で再実験を求める声が高まる可能性がある。

証耆したのは、核物理学者のK・サンタナム博士。核実験当時、国防省傘下の国防研究開発機構の代表として、インド西部ポカランの核実験場の準備を担当した。

27日付の地元紙タイムズ・オブ・インディアに対し、「地震波の計測などから、熱核反応装置 (水爆)の威力は、公表されたものより、かなり低いものだった」と証言した。

98年の実験直後、インド政府は2日に分けて原水爆実験を計5回実施したと発表。このうちの1回は水爆で威力は43`トンとしていた。

当時から米国などの専門家の間で、その規模に疑問が出ていたが、インド側の当事者から裏付け証言が出たのは初めて。

博士は朝日新聞の取材に証言内容を認め、 「実験結果が不十分だったことは科学者の間で当時からよく知られており、再実験が必要だ。CTBT加盟をめぐる議論が高まる中、警鐘を鳴らしたかった」と述べた。

CTBTをめぐっでは、オバマ米大統領が今年4月、批准を拒否してきたブ方前政権の方針を転換し、「批准を目指す」と明言。7月の主要国首脳会議(G8)でも、早期発効に向け「努力を強化する」首脳声明が出され、インドに署名を促す国際的な圧力が強まっていた。


ニュース見出し