インド首相 核実験の凍結を確認「核重視は変えず」(朝日新聞 2001年2月5日)
 

【二ューデリー4日=中島泰】インドのバジパイ首拒は3日、日本人記者団と会見し、「インドはこれ以上の核実験をしないし、国を守るために必要になったとしても、相手より先に核兵器を使わない」と明言した。1998年のインド核実験後、同首相が日本の報道機関の直接取材に応じたのは初めてで、核実験の自主的凍結と核兵器の先制不使用を確認した。

 一方で、核爆発を伴う一切の実験をしないと約束する包括的核実験禁止条約(CTBT)については国内の反発が強く、「まだ、署名・批准の段階に至っていないが、国民的合意を築く作業を続けている」と従来の立場を繰り返した。事実上、当面の参加がないことを示唆したものとみられる。
 

 首相はまた、「1998年のポカラン砂漠での核実験は、成長するインドの強さと、自国を守り、あらゆる挑戦に対抗する意志を象徴するものである」とも述べ、核を大国の象徴としてとらえていることを示唆した。

 印パ対話には前向き
 

 バジパイ・インド首相は3日の日本人記者団との会見で、核実験凍結や先制不使用を明言する一方、核兵器をインドの強さと国防の象徴ととらえる見方を示した。南アジアでの核軍拡への懸念にこたえつつ、核開発を重視する同国の安全保障政策を基本的には変更しない姿勢を示した。
 

 同首相は「日印両国はともに核兵器のない世界を日標にしているが、とる道に違いがある。この違いは、過去に存在した世界の政治状況の結果だ」と述ベ、「世界の政治状況』とは、1962年の中印戦争でのインド軍の敗北をさす。同首相は98年の核実験後、クリントン米大統領 (当時)に対して、隣国・中国の核の存在を理由として説明したとされる。また、ともに長年の核疑惑国だったパキスタンとは半世紀で3回戦争をしている。。
 

 同首相は、前夜にパキスタンのムシャラフ参謀総長からかかってきた初の電話会談について、「震災への見舞いだった。友好的な環境での対話には常に応する用意がある」と話した。
 対話回復に消極的だった昨年までの姿勢と比べると明らかに前向きだ。西部グジャラート州に震災の救援物資を運んできたパキスタン軍機の着陸を認めたのも異例だった。だが2年ぶりの再開が期待される首脳会談については「予定がない」と述べるにとどまった。
  


ニュース見出し