イラン原発駆け引き ロシア、10億ドル事業へ支援 (朝日新聞 2003年1月4日)

 【モスクワ=横村出】イラクと北朝鮮で大量破壊兵器開発をめぐる緊迫が募る中で、ロシアがイランでの原子力発電所の建設を加速させている。ロシアはイラン初のブシエール原発への核燃料を1月半ばにも搬入し、03年中の稼働を目指すことを明らかにした。米国はイランヘの核技術の移転につながるとして強く警告している。ロシアは経済的な理由からも筒単には引き下がれないが、利権を絡めた米国との駆け引きの思惑もあり、まだ曲折が予想される。
  

ロシアのルミヤンツエフ原子力相は12月25日、イランを訪問し、ブシエール原発1号機への核燃料搬入、2号機建設の検討に着手する内容の議定書に調印した。ソ連崩壊で原子力産業が衰退する中で、総額10億ドルとされる同事業に口シア側は期待をかけている。
  

米国がロシアの支援に反対する理由は、@高度な核技術の移転A兵器級プルトニウムの抽出B核開発に道をひらく科学者育成―にある。イランの原発建設は核不拡散条約(NPT)に違反しないが、米国は核開発情報をつかんだとされる。

イラン側は、原発建設の狙いを「石油ガス資源を輸出に回し外貨を得るため」と説明する。だが「米国の圧力で、ロシアは当初計画に合まれた軍事転用が疑われるウラン濃縮施設は断念。一方、原子炉は、米国が北朝鮮に提供する軽水炉と似た構造で、プルトニウム抽出は難しいと主張。使用済み核燃料も回収すると反論してきた。
 

さらに昨年6月、ロシア政府は対イラン協力の長期計画を承認、ブシェール第2原発とアフワズ原発の建設を盛り込んだ。米ロ首脳会談で原発問題を取り上げた直後だけに、米国の強い反発を招いた。12月の議定書に 長期計画は合まれず、ルミャンツエフ原子力相も「1号機の他に合意は無い」と米側を牽制した。
 

ロシアは一昨年同時テ口から米国との強調関係を深めているが、米が敵視するイラン、イラク、北朝鮮の3国は、いずれも利権絡みの友好国だ。既得権益の放棄は財政事情からも難しい。一方で、「譲歩には見返りが伴うべきだ」というのがロシアの旧来の立場だ。また、イランに対しては、カスピ海の油田など天然資源開発で、領海分割をめぐる対立があり、原発への協力によって妥協を促す狙いもある。
 

ロシア政治研究センターのアントン・フロプコフ上級研究員(核不拡散問題)は、「米国も1号機までは事実上黙認している。ロシア側には利権をてこに米国との条件闘争の思惑がある」と指摘した。イランでの長期計画をどこまで実現させるかという問題のほか、将来的にイラクの石油利権も絡んでくる可能性がある。


ニュース見出し