核問題巡り中国がイランに高官派遣へ 危機回避目指す(朝日新聞2006年2月23日)

 イランの核問題をめぐり、中国政府は24日、呂国増外務次官(西アジア、北アフリカ担当)をテヘランに派遣する。3月初めの国際原子力機関(IAEA)定例理事会を前に、ウラン濃縮に着手して国際社会との対立を深めているイランに対し、中国は自国の石油戦略なども背景に危機の回避を目指す構えだ。

 中国外務省の劉建超副報道局長が23日、定例会見で明らかにした。呂次官は26日までテヘランに滞在し、「危機を緩和して問題をこれ以上深刻化させないための適切な措置」についてイラン側と意見を交わす。

 急速な経済発展を支えるエネルギーの確保が必要な中国は、イランの核問題をめぐる制裁論議にも慎重な姿勢をとってきた。今回の高官派遣は、エルバラダイIAEA事務局長が定例理事会に示す報告書で国際社会の対イラン批判が強まる前に、影響力を駆使して緊張の緩和に努めたいとの狙いがうかがえる。

 中国はイランにとって日本に次ぐ2番目の原油輸出先。さらに、北京のイラン大使館によると、中国の国有石油大手の中国石油化工は、イラン国営石油会社と油田の開発契約を結ぶ方向で最終調整に入っている。

核問題めぐるイラン・ロシア協議、中国が支持表明(朝日新聞2006年2月22日)

 外交部の劉建超報道官は21日の定例記者会見で、イラン核問題に関する記者からの質問に答えた。

 ――イランとロシアはこのほど、イラン核問題について交渉した。イランは、「ウラン濃縮のプロセスをロシア国内に移すことはない」とした。中国の立場に変化はあるか。

 われわれは、イラン核問題をめぐるイランとロシアの交渉が20日始まったことに留意している。中国は、イラン核問題をめぐるロシアとイランの交渉を支持し、交渉がプラスの成果を得ることを願う。中国は現在の情勢において、イランがウラン濃縮に関するすべての活動を再び凍結し、交渉を通してイラン核問題を適切に解決するため環境を整えるよう望む。イラン核問題をめぐる交渉は現在、困難に直面しているが、中国はこれまでと変わらず各国が接触と疎通を保ち、国際原子力機関(IAEA)の枠組み内でイラン核問題をできる限り早く適切に解決できるよう、引き続き外交努力を進めていく。


ニュース見出し