イランがウラン濃縮実験を実施か IAEA筋(朝日新聞2003年8月27日)

 核兵器開発疑惑が指摘されているイランが、疑惑の解明と開発計画の凍結を求めた6月の国際原子力機関(IAEA)理事会後、ナタンズのウラン濃縮施設でウランを使った実験を進めていたことが26日、わかった。

 IAEA筋によると、イランはナタンズのウラン濃縮実験施設で、濃縮用の遠心分離器にウランを注入した。同筋は、実際に分離器を稼働させて濃縮実験が行われたかどうかは明らかにはしなかった。ナタンズでのウラン濃縮について6月の理事会の「議長総括」は、実施延期を求めていた。

 この日、IAEAのエルバラダイ事務局長は、イランの核計画に関する新たな報告書を理事国(35カ国)に提出。朝日新聞社が入手した報告書の結論部分によると、イランは90年代初め、濃縮ウラン製造に必要なウラン化合物を作るための転換実験を行ったことを認めた。核不拡散条約(NPT)に基づく保証措置(核査察)協定の報告義務を果たしておらず、IAEAの指摘に対し、イラン側は修正申告に応じる姿勢を示したという。

 また、イランで採取された環境サンプルから、濃縮ウランが検出されたとの報道について報告書は、濃縮ウランがナタンズのウラン濃縮施設で採取されたサンプルから発見されたことを確認した。だがイランは輸入した機器に元々付着していたものと主張、IAEAもイランがウラン濃縮を行っていたとは断定できなかった。今後、汚染されていたという機器の輸入先の特定も含め、調査を続けるという。

 最後に報告書は、ウラン濃縮計画について、「イランが提供する情報は、時として遅く、以前の情報との食い違いもある。なお多くの未解明の問題が残されている」として、さらなる情報と分析が必要と結論づけた。イランの核計画を「核兵器開発目的」とする米国は、9月8日から開かれるIAEA理事会で、非難決議の採択などを求め、イランへの強硬姿勢を示すものと見られる。

使用済み核燃料、返還で合意 イラン初の原発でロシアと(朝日新聞2003年8月26日)

 ロシアの技術協力でペルシャ湾岸ブシェールに建設中のイラン初の原子力発電所について、イラン政府は25日、ロシアが提供する核燃料を使用後にすべて同国に返還することで合意し、近く両国間で調印すると明らかにした。また、国際原子力機関(IAEA)が求める、核査察を強化する追加議定書についても条件付きで調印の用意があると表明した。9月のIAEA理事会を前に、「核兵器開発を目指している」とする米などの批判をかわす狙いと見られる。

 国営イラン通信によると、ロシア原子力省のガバルーヒン次官は、調印が9月下旬にテヘランで行われるとの見通しを示し、同月のIAEA会合を利用してウィーンで2国間協議を開き、日程を詰めると語った。

 また、イランのサレヒ駐ウィーン国連大使は25日、エルバラダイIAEA事務局長と会談し、9月の理事会後に、追加議定書の調印に向け、残された問題点を話し合う意向を伝えた。

イラン、核疑惑施設の環境サンプル採取を受諾(朝日新聞2003年8月23日)

 核兵器開発疑惑が指摘されているイランが、国際原子力機関(IAEA)による疑惑施設での環境サンプル採取を受諾したことが22日、わかった。IAEA筋が確認したもので、9月8日からのIAEA理事会を前に、「核兵器開発を進めている」とする米国の批判をかわす狙いと見られる。

 同筋によると、イランは、今月11日から同国を訪れたIAEAの査察団に、テヘランの「カライ電気会社」での環境サンプル採取を認めた。同施設では、イランが核不拡散条約(NPT)に違反して、未申告のウラン濃縮を行った疑惑が浮上していた。

 サンプル採取は、施設内での過去のウラン濃縮の有無を確認するもの。IAEAが6月理事会の「議長総括」で、受け入れを求めていた。IAEAはサンプル分析を急いでいるが、最終結果が出るまでには1カ月以上かかる見通し。

 IAEAは、近く理事国(35カ国)あてに提出するエルバラダイ事務局長の報告書で、この事実を協力姿勢の表れとして盛り込む予定だ。一方でイランは、より強制的な査察を行うためIAEAが求めている「追加議定書の即時・無条件の締結」には、まだ明確な回答をしていない。


ニュース見出し