イランに10月中の核疑惑解明求める決議採択 IAEA(朝日新聞2003年9月13日)

 国際原子力機関(IAEA)の理事会は最終日の12日、イランの核計画について、核物質の兵器への転用がないことを確認することが「緊急にして不可欠」として、10月末を期限にIAEAに対する全面的な協力と疑惑の解明を要求、核計画の不透明さに「重大な懸念」を表明する決議を採択した。

 ただ、決議の文言を巡る各国の主張が一致せず、決議を表決を取らずに採択する異例の展開となった。イランのサレヒ大使は採択を前に、「IAEAとの関係を見直さざるをえない」と述べ、抗議して議場から退席した。

 理事会は、次回11月の理事会で、イランの核疑惑に関する明確な結論を下す方針。米国は今回の決議を「イランに与える最後の機会」としており、疑惑が残れば問題を国連安保理に付託すべきだとしている。

 決議は、これまでのイランの情報提供が遅く、首尾一貫しない説明が繰り返されたことを指摘。IAEAの調査開始後1年以上を経ても、イランの核計画に不透明さが残り、隠された核計画があるとの疑念を払拭(ふっしょく)しきれないとして「重大な懸念」を表明した。また、6月理事会の勧告を無視し、ナタンズの濃縮施設でウラン濃縮実験が行われたことに「懸念」を表明、今後のウラン濃縮の中止を求めた。

 ナタンズの濃縮施設から検出された高濃縮ウランの存在については「輸入した部品に付着していた」とするイラン側の説明を証明するための詳細な情報提供を要求。査察官の核施設へのアクセス拡大や追加の環境サンプル採取も求めている。

IAEAの対イラン決議(要旨)

ウイーン11青木雪雄】国際原子力機関(IAEA)の理事会が12日、採択した対イラン決議の要旨は以下の通り。

一、イランの情報捉供は遅く、首尾一貫しておらず、多くの未解決の問題が残されていることに懸念を表明する。
一、ナタンズで検出された高濃縮ウランについては未解明←の点が残り、環境サンプル採取が行われ(疑惑施設の)カライ電気会社は、採取前に施設に大幅な改変が加えられていた。さらに6月の理事会での要請にもかかわらず、ナタンズの濃縮施設でウラン濃縮が行われた。これらのことに懸念を表明する。
一、調査開始後1年を経てなお、イランが核開発計画の全容を申告し、隠された核計画が存在しないとの確証が得られないことに、重大な懸念を表明する。
一、保証措置(核査察)協定が定める報告事項について、イランが今後、二度と報告義務を怠
ることがないよう求める。
一、ウラン濃縮に関連するすべての活動を停止するよう求める。
一、イランがIAEAに完全に協力し、核物質の軍事転用がないことを確認することは緊急にし
て不可欠である。イランは10月末までに、すべての必要な手段を講じ是正措置をとることとする。
一、特にナタンズのウラン濃縮施設建設のために輸入した機材について、入手先を含めた各種情報の捉供を求める。さらに査察官が必要とする施設へのアクセスや、追加の環境サンプル採取を認めるよう求める。


ニュース見出し