IAEA決議に反発、イラン査察受け入れ延期を通告(朝日新聞2004年3月17日)

 イラン外務省のアセフィ報道官は14日、国際原子力機関(IAEA)理事会が13日にイランの核計画の不透明性を非難する決議を採択したことについて、「不公平で侮辱的だ」と反発。今週に予定されていたIAEA査察官の受け入れ延期を通知した。

 査察官の受け入れ延期について同報道官は「事実を反映しない決議への対応だ」と明言する一方で、「新たな日程を決めるため協議する」とも述べ、あくまで一時的な措置だと強調した。

 決議は、イランが新型の遠心分離器の開発計画などを申告していなかったことに遺憾を表明するとともに、IAEAの調査に一層協力するよう求めた。

IAEA理事会、イラン非難決議を採択(朝日新聞2004年3月14日)

 国際原子力機関(IAEA)の理事会は13日、未申告だった新型遠心分離器の開発計画の存在を「遺憾」とするイラン非難決議を採択した。核爆弾の起爆用に使われる放射性物質ポロニウムの生産については、積極的な情報提供とIAEAの調査への協力を求めた。

 決議をめぐっては10日以降、理事国(35カ国)間の非公式協議が難航。度重なる保障措置(核査察)協定違反を問題視する米欧が、イランの核計画が核兵器開発と関係していると示唆する決議案を作成したが、イランや、その意向を受けた非同盟諸国が強く反発した。最終的には「遠心分離器の生産が軍需工場で行われていた」とする文言を削除することなどで、調整が図られた。

 決議は、イランの核施設で検出された高濃縮ウランがどこから持ち込まれたかについても、IAEAの調査に一層協力するよう要求。「核の闇市場」を通じたイランの核技術の入手経路について徹底解明し、事務局長が5月末までに新たな報告書を作成するよう求めた。


ニュース見出し