イランの核に強まる包囲網 (朝日新聞2003年6月14日)

 米の批判加速「核兵器」強く警告

 イランは反論「目的は平和利用」

 イラクの次の標的はイランなのか。イ ラク戦争が終わり、同国の大量破壊兵器問題がうやむやなまま、「イランの核」 に対する米国の批判が強まっている。先の米ロ首脳会談では、北朝鮮と並びイラ ンの核開発阻止で両者が一致。エビアン・サミット(主要国首脳会議)も、イラ ンを名指しする宣言を採択した。米主導で包囲網が強まるなか、16日からウィーンで開かれる国際原子力機関(IAEA)理事会では、イランの核問題が焦点となる。(テへラン=平田篤央、ウイーン=青木空雄)

 「12年前に中国からウランを輸入したが、IAEAには申告しなかった。イランのアガザデ 原子力庁長官は10日にテへランで記者会見を開き、こう明らかにした。

イランの未申告輸入は週明けからの理事会を前に、IAEAが事前に理事国に示した報告書で指 摘した。それを今月上旬に一部報道機関が暴露。 米政府は、直ちに「深刻な問題だ。核不拡散への重大な挑戦だ」(バウチャー国務省報道官)とかみついた。

アガザデ長官の会見はその直後に開かれ、輸入相手国名に加え、輸入量 も「1・8トン」と公表した。一方で、「IAEA 報告書は『違反』とは認 めず、『申告漏れ』と記述している」と強調。 「米の批判は根拠がない」と繰り返した。

これに対し、ラムズフェルド米国防長官は翠11日、訪問先のドイツで「イランは非常に積極的な核計画を持つている。早い時期に核兵器を保有する」と強く警告。米国とイランは対立したまま、理事会の場にもつれ込む。 イスラム革命と戦争で中断していたイランの核開発は90年代にロシアの技術支援で再開した。ペ ルシヤ湾岸ブシエールに建設中の初の原子力発電所は来年にも稼働する。 さらに、原発の増設、自前のウラン採掘や濃縮施設の開発も進める。

 イラン政府は「電力需要増に対応するための平和利用だ」と主張する。 だが、「イランの核」への疑念を再三表明してきた米国は強硬姿勢を加速させている。米政府は先月「リヤドで起きた自爆テロの背後にはイラン国内のアルカイダ活動家がいる」として、水面下で続けてきたイランとの接触をうち切った。

 核や生物・化学など大量破壊兵滞の保有とアルカイダとのつながり。これは、米英がイラク攻撃に踏み切った理由とそのまま重なる。

イランの東のアフガニスタンには親米カルザイ政権があり、西のイラク には米軍が駐留する。サウジアラビアなど湾岸諸国にトルコを含め、「親米国家」に囲まれるイランの危機感は強い。アブタヒ副大統領は「米国は何の制限設けずに行動できる大国だ。いかなる口実も与えてはいけない」と率直に表明した。

ただ、米国では来年の大統領選に向けた動きが始まっており、危険な賭けには出られない、とテへランの西側外交筋は見る。同筋は、米国が圧力を強めるのは、イラクのシーア派ヘの影響力を通じて戦後体制に発言権を確保しようとするイランへの牽制だと分析する。

濃縮技術意外な「進歩」ナタンズの施設 「ウラン使わず」説明

「政治的な憶測をすることは我々の仕事ではない。技術的な事実に基づいて結論を出すことだ」。 イランの核問題について IAEAのエルバラダイ事務局庄は強調する。

 理事会に向けた報告書は過去4カ月にわたる調査のいわば「中間報告」。 焦点は、予想以上に進んでいたイランのウラン濃縮技術だ。

 ナタンズのウラン濃縮施設は、遠心分離器約千個を使ったパイロットプラントと、建設中の数万個規模の実用施設からなる。規模の大きさと高度な技術をうかがわせる施設に、2月に訪問したIAEAの使節団は「非常に驚いた」と伝えられる。

 施設はこれまでIAEAに未申告。過去にウランが遠心分離器で使われたことがあれば、IAEAとイランの保障措置 (核査察)協定に対する 明白な違反行為となる。

 だがイランのアガザデ原子力庁長官は「模擬実験で行い、ウランは使っていない」と説明、申告義務はなかったと主張している。

IAEAや理事国の多くは、この説明に懐疑的だ。これだけの施設を造る前には、ウランを使っ た実験が行われるのが普通だからだ。IAEAは、イランが行った過去のウラン濃縮計画の経緯 の説明をイラン側に要求している。

 報道によれば、IAEAの査察チームは、ナタンズの施設以前に実験が行われたと見ているテへ ラン市内の未申告施設ヘの立ち入りを認められた。だが、過去のウラン使用の有無を確認するサンプル採取は拒否されたという。

 IAEAは、アラクの重水製造施設ついても、事務局長報告で「疑問が残る問題」として指摘、イラン側に情報提供を求める方針だ。重水製造施設自体はIAEAの査察の対象とならないが、重水はプルトニウムの抽出がしやすい重水水炉で使われる物質で、米国などは「核兵器聞発を計画していた証拠」と指摘している。


ニュース見出し