イラン、IAEA批判 「天野氏は欧米寄り」(朝日新聞2010年2月23)

[テヘラン=北川学] イランのサレヒ原子力庁長官は22日、当地で朝日新聞などの日本メディアと会見した。国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が理事国への報告で、イランに核兵器開発の可能性があると指摘したことについて「独立性を保ってほしい」と不満を述べ、姿勢が欧米寄りだと批判した。

天野氏は18日、イランに厳しい内容の報告書を配布。過去の計画だけでなく現在のウラン濃縮活動へも疑念を記し、対イラン制裁強化へ向かう流れが一段と強まった。サレヒ長官は、天野氏を選んだ事務局長選がもつれたことを持ち出し、「途上国が『天野は西側の方に立っている』と考えていたからだ」と揶揄した。


ニュース見出し