イランがウラン増産態勢 大統領演説「核燃料を国産化」(朝日新聞2012年2月16)



 イランのアフマディネジャド大統領は15日、国営テレビを通じて演説し、同国の核開発に進展があったと発表した。ウラン濃縮施設の増強や新型遠心分離器の開発に加え、核燃料の国産化を成し遂げたと強調。濃縮ウランの増産に向けた動きで、今後国際社会に対し、核の平和利用の権利を認めるよう強く要求するとみられる。

 ウランの採掘から核燃料製造までを自力でこなす能力を得る一方、製造・蓄積する濃縮ウランの総量も増えることになる。核武装を疑い、イランの原油収入減につながる制裁を強める国際社会が、さらに懸念を強めるのは必至だ。

 大統領によると、中部ナタンズのウラン濃縮施設で遠心分離器を6千台から9千台に増設。また、新たに開発した「第4世代」の遠心分離器は従来の3倍の能力があるとしたが、どこに設置するかは明らかにしなかった。大統領は「西側諸国はイランの発展を止めるため制裁を科し、我々の科学者を殺害した。しかし、発展は誰にも止められない」と述べた。


ニュース見出し