イラン核開発:6カ国側が交渉再開受け入れ(毎日新聞 2012年3月7日)

 【ブリュッセル斎藤義彦】昨年1月から中断しているイランと国連安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国との核交渉について、窓口になっている欧州連合(EU)のアシュトン外務・安全保障政策上級代表(外相)は6日、イラン側に交渉再開を受け入れる内容の手紙を送った。時期や場所は未定。イスラエルによるイラン軍事攻撃の可能性がささやかれる中、交渉の行方が注目される。

 イランのジャリリ最高安全保障委員会事務局長の2月14日付の手紙への返答。

 アシュトン代表は手紙で、「核拡散防止条約(NPT)に沿ったイランによる核の平和利用を尊重する」と前置きし、「イランの核開発が平和目的であることへの国際社会の信頼を取り戻すことが交渉の目的だ」と記した。イランのあらゆる提案を「討議する用意がある」と柔軟な姿勢を見せた。

 ジャリリ事務局長の手紙については、アシュトン代表とクリントン米国務長官が先月、交渉再開の契機になるとして評価、具体的な対応策を探っていた。

 6カ国とイランは昨年1月、トルコで協議を行い、6カ国側がイランの濃縮ウランを国外に持ち出す案を提示したが、制裁解除を巡って見解が対立し、合意には至らなかった。

イスラエル首相:対イラン自衛権強調 米と首脳会談(毎日新聞 2012年3月7日)

 【ワシントン海保真人】オバマ米大統領は5日、ホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相と会談した。イランの核開発問題でオバマ大統領が外交的解決を優先させたいと訴えたのに対し、ネタニヤフ首相は「イスラエルは自衛権を保持せねばならない」と強調し、イラン核関連施設への軍事攻撃の可能性を取り下げようとしなかった。

 冒頭のみ報道陣に公開された。オバマ大統領は「まだ外交的解決の余地はある」と言い、「首相も私も外交的に解決することを望んでいる。我々は軍事行動の代償を理解している」と語った。一方で「イランの核兵器獲得を防ぐためには、すべての選択肢が机上にある」とも言い、武力行使の可能性にも含みを残した。

 これに対しネタニヤフ首相は、オバマ大統領が4日、イスラエル系ロビー団体の会合での演説で「イスラエルは脅威に対し自衛能力を持ち」「安全保障で独自の決定をする主権がある」と述べたことを指摘。イランに対する「自衛権」を改めて強調し、「首相としての最大の責務は、イスラエルが自らの運命を決められるよう保証することだ」と語った。ただし、軍事攻撃という言葉は使わなかった。

 会談はこの後、非公開になり、約2時間続いたとされる。オバマ大統領は軍事攻撃を自制するよう求めたとみられるが、協議は平行線に終わったとの見方が強い。

 イスラエルはイランが核兵器製造の方針を固めたとみて、軍事攻撃を含む強硬措置で実際の製造を阻止したい考えだ。一方、米国はイランがまだ核兵器製造の正式決定に至っていないと分析し、軍事攻撃は中東のさらなる混乱を招くと強く懸念している。

 会談ではほかに、停滞しているイスラエルとパレスチナの中東和平協議の今後の進め方や、混乱するシリア情勢への対応なども話し合われたとみられる。両者の会談は昨年9月以来。


ニュース見出し