IAEA事務局長がテヘラン入り イラン側と協議始める(朝日新聞2003年7月9日夕刊)

 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は9日、テヘランに到着し、イランの核開発計画について同国側と一連の協議を始めた。6月のIAEA理事会が、「懸念」を表明したのを受け、抜き打ちを含めたより強制的な核査察を可能にする追加議定書への調印を求める。

 事務局長はハラジ外相と会談後、記者団に対し「イランがより透明性を示せば、国際社会の信頼を得ると伝えた」と述べた。外相は「核計画に隠し事はない」と強調したが、会談内容については明らかにしなかった。

 事務局長は、引き続きアガザデ原子力庁長官やハタミ大統領とも会う予定。同日中に出国の日程だったが、国営イラン通信によると、核関連施設を訪問するため滞在を延長する可能性もあるという。

イランに新たな核疑惑施設2ヵ所 反体制派組織発表 (朝日新聞2003年7月9日夕刊)

 イランの反体制派イラン抵抗国民会議(NCRI)は8日、ワシントン市内で記者会見し、テヘラン近郊にあるイラン政府の軍需関連施設でイラン政府が今年2月からウラン濃縮用の遠心分離施設などを設置したほか、同国中部に核燃料サイクル用の施設を新たに建設中だと発表した。イラン国内で関係団体から得た情報で、国際原子力機関(IAEA)に連絡済みだとしている。

 同会議は昨年夏、ナタンズなどに秘密核施設があることを世界に先駆けて公表した団体。発表によると、遠心分離施設は、戦車や装甲車の製造工場などがあるテヘラン近郊のコラドゥーズ工場団地にあり、広さは約4000平方メートル。一般の倉庫群とは別の川沿いの目立たない場所にあり、職員らに対して厳しい情報管理が敷かれているという。同会議は、ナタンズにあるウラン濃縮施設を本格稼働させるための実験用施設とみている。

 核燃料サイクル用の施設は、ウラン採掘場のある同国中部ヤズド近郊のアルデカンにあり、ウランを精製してつくるイエローケーキの製造工場とみられ、2年以内に完成するとみている。イランのハタミ大統領は、今年2月に採鉱から使用済み核燃料の保管までの核燃料サイクルを保有する構想を発表しているが、同会議は、ヤズド近郊のウラン鉱▽アルデカンのイエローケーキ製造工場▽イスファハンのウラン転換施設▽ナタンズのウラン濃縮施設――で一連のサイクルが可能になるとしている。その場合、プルトニウムを自前で確保する可能性が出てくる。

 同会議のジャファルザデ氏は、「政府の軍需産業が関与していることが明らかになったことで、平和利用というイラン側の説明はますます疑わしくなった」と語った。


ニュース見出し