イラン、回答避け具体的進展なし EUとの核協議(朝日新聞2008年7月20日) 

 【ジュネーブ=関本誠】欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表とイランのジャリリ最高安全保障委員会事務局長は19日、ジュネーブ市内でイランの核開発問題について協議。国連安保理などがイランに求めているウラン濃縮停止やEU側が示した提案について、イランは明確な回答を避け、具体的な進展のないまま終わった。

 協議後、ソラナ氏は「建設的な雰囲気だったが、イランからは明確な回答が得られなかった」と述べた。ジャリリ氏は協議継続の重要性を指摘したが、次回の具体的な日程などは決まらなかった模様だ。ソラナ氏は「2週間以内にイランから回答が届くことを期待している」とした。

 協議には、米国を含む国連安保理常任理事国5カ国とドイツの計6カ国の高官も参加。米国は核問題でイランとの直接対話を拒否してきた方針を変えてバーンズ国務次官を派遣し、今回の協議の重要性を強調していた。

 イランもこれを前向きに評価。イランのウラン濃縮活動拡大と対イラン制裁強化が繰り返される手詰まりの局面が、打開されるかどうかが焦点となっていた。

 イスラエルがイランの核施設を攻撃するとの情報が流れ、イランも弾道ミサイル発射実験を行うなど緊張が高まっていただけに、協議の行方が注目されたが、結局、イランは従来の姿勢を大きく変えることはなかった。


 6カ国は先月、ウラン濃縮の停止などを条件とする新たな「見返り案」をイランに示した。EU外交筋によると、ソラナ氏はその際に口頭で現状の「凍結案」も提示。6週間の猶予期間を設け、イランが遠心分離器を増設せず、濃縮能力を増大しなければ6カ国も新たな制裁を導入しない、という内容で、これにイランがどういう回答を示すかが注目されていた。

 EU側には「協議継続はイラン側の時間稼ぎにすぎない」との不信感も根強い。今後もイラン側がより明確な回答を示さなければ、協議は頓挫する可能性が高まる。

イラン、原則論曲げず


【テヘラン=吉武祐】米国を交えた協議を「建設的で前向き」と評価していたイランだったが、ウラン濃縮では譲らないという原則論からは今回、一歩も外れなかった。

イランにとって、濃縮停止は「一線を越えた」提案だ。これまで繰り返し、「受け入れられない」と表明しており、反米強硬派を含めた国民全体を納得させるのは容易ではない。

だが、原則論にこだわったまま、ブッシュ後をにらんで対話を継続する「時間稼ぎ」には限界がある。見返り案の提示後、欧州連合はイランの国営メリ銀行を域内取引停止にする独自制裁を科した。イランは「協議が進展しなければ制裁がどんどん進むというサイン」(テヘランの欧州外交筋)を受けとった。核兵器開発ヘの野望という疑惑が一掃されない現状では、さらなる制裁と軍事圧力にさらされる。イランは、米国の今後の出方を慎重に見極めつつ、次の一手を考えることになる。


米、方針転換し参加

【ワシントン=梅原季哉】米ブッシュ政権が19日、イランと接触しない既定方針を軌道修正し、イラン核協議に高官を同席させた背景には、原則論一点張りでは成果のないまま「時間切れ」になりかねないという、政権末期の苦しい立場がにじんだ。

ブッシュ政権は、前提条件抜きにイランとの交渉に臨むべきだという野党民主党などからの声には耳を傾けずに来た。今回、バーンズ国務次官を派遣し、柔軟姿勢に転じたのは「試合終了直前に繰り出す賭けの戦術」(アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のルーピン研究員)との見方が出ている。

 米政府は表向きは、イランがウラン濃縮を停止しない限り本格交渉はしない、との原則を変えていない。バーンズ次官の今回の任務は「同席してイランが示す答えを聴くこと」(ライス国務長官)だけだとも強調している。

だが、これを機にビザ発給などのための在イラン米利益代表部の設置構想をメディアに流しい関係改善という「アメ」をちらつかせた。一方で制裁強化の可能性を否定せず、「ムチ」は捨てなかった。いわば硬軟両面から、ゆさぶりに出た形だ。

 北朝鮮核問題をめぐる6者協議同様、政権任期中に事態の全面解決は望めなくても、多国間外交を前向きに動かすことができれば「成果」になるという打算がうかがえた。

バーンズ次官自身は今月の議会証言で「イランは核計画が進んだとの印象を強めようとしているが、実際の進展は控えめだ」との認識を示し、過剰反応を戒めた。しかし、ブッシュ大統領はイラン問題で「すべての選択肢を排除しない」との発言を繰り返している。同盟国イスラエルが軍事行動に向け傾斜しているとの説もある。イランがこのまま態度を軟化させずに外交策が尽きた場合、政権内強硬派が勢いづく可能性がある。


イ ラ ン核問題をめぐる主な動き


03年 6 月 国際原子力機関 ( I AE A) 調査で重水炉建設計画が表面化、 ナタンズでは高濃縮ウランを検出
   10月 英仏独の説得でイ ラ ンがウ ラ ン濃縮の 一時停止に合意
O4年 9 月 IAEA理事会がウ ラ ン濃縮関連活動再開に対し非難決議を採択
  11月 イラン濃縮関連活動の停止で英仏独と合意
06年 2 月 IAEAがイラン核問題の安保理付託決議を採択
   4 月 イランが低濃縮ウラン製造成功と宣言
  12月 安保理が初の制裁決議採択
07年 8 月 イランとIAEAが未解決問題決着のための「行動計画」に合意
08年 3 月 安保理が 3 度目の制裁決議採択
   6 月 安保理常任理事国とドイツがウラン濃縮活動停止の新たな見返り案を提案
   7月 イランが弾道ミサイル発射実験


ニュース見出し