劣化ウラン弾の使用も  (朝日新聞2003年3月7日)

【ロンドン=福田伸生】米英が対イラク軍事 行動に踏み切る場合、劣化ウラン弾が再び使用さ れる可能性が高そうだ。

戦闘員、非戦闘員を問わず、がんなどの健康被害を起こす恐れが指摘されているものの、米英軍はイラクの戦車を無力化する性能を重視している。

英陸軍は先月、スコットランド南部のダンジェナン演習場で、数百発の劣化ウラン弾を試射した。その後、湾岸へ移送されたチャレンジャー2型戦車が訓練に動員されており、イラクでの地上戦を想定した、とみられる。

 陸軍は昨年、劣化ウランではなくタングステン を用いた対戦車弾を購入 する考えを明らかにした。海軍も、洋上艦に配備する対空砲に劣化ウラン弾を使わない方向を打ち出した。不使用こそ明言しなかったものの、ともに劣化ウラン弾を徐々に減らしていく考えだったとみられる。

 欧州ではこの数年、コソボなどへ派遣された帰還兵が次々に白血病やがんを発病。旧ユーゴスラビアの紛争地帯で、北大西洋条約機構(NATO)部隊が大量に使った劣化ウラン弾との関係が疑われている事情がある。

 しかし、国防担当のイングラム閣外相は最近、 湾岸へ派遣する部隊に劣化ウラン弾を調達する計画を公表。人体への悪影響が懸念されるにもかかわらず、前線に配備され、戦闘が始まれば使われるのは確実な情勢だ。

 防衛関係者によると、米英やフランス、ロシアなどの戦車乗員はほぼ一 様に、甲板を撃ち抜く能力で、タングステン弾などより劣化ウラン弾が優位、とみている。安価なこともあり、今回、数千両の戦車を保有するイラクとの戦闘に適した兵器、と判断した模様だ。

 


ニュース見出し