劣化ウラン弾使用認める、米中央軍(朝日新聞2003年3月27日)

 米中央軍のブルックス准将は26日、カタールの前線司令部で記者会見し、イラクでの空爆で劣化ウラン弾を使用したことを初めて認めた。質問に答えて「非常にわずかな量しか使っていない」と述べたものの、使った日時や場所には言及しなかった。がんなどの健康被害を懸念する質問には「過剰な言い方だ。安全だとわかっている」と答えた。

 イラクが発射したとみられるミサイルについては、「約10発がクウェートに向けて撃たれたことを確認した」といい、このうち1つは国連安保理決議で制限された射程150キロを超えて「射程190キロに達していたものがあった」と語った。

 また、米軍がイラク中部の病院で約3000着の化学兵器の防護服を発見したことを明らかにしたうえで、「イラク軍の化学兵器使用への警戒をより一層強めている」と話した。イラク人民兵が米兵を装って残虐行為をするために米軍の服を入手しようとしている情報もあるとし、「これはフセイン政権のやり口をよく示している」と非難した。

 同准将によると、開戦以来のイラク人捕虜の数は4000人を上回ったという。作戦は、雨や強風、砂嵐などに見舞われているものの、これまでのところ順調に進んでいるとし、「悪天候によって正確さが失われることはない」と述べた。

 


ニュース見出し