反核医師の会要望書 (朝日新聞 1999年4月30日)
核兵器廃絶などの平和運動に取り組んでいる「反核医師の会」は28日、衆院を通過した新しい日米防衛協力のための指針(ガイドライン)関連法案の徹底審議を訴える要望書を、参院に設置された特別委員会の理事らに提出した。
  要望書では、法案が憲法で武力による紛争解決を禁止している日本の平和を脅かしかねない問題を内包している、などと指摘したうえで「民間の医療機関が戦争への協力をよぎなくされる」として反対を表明している。

米海軍掃海艦 徳島と高松へ 在日米海軍司令部(神奈川県横須賀市)は14日、17日から20日まで米海軍の掃海艦ガーディアン(満載排水量1,312トン)か徳島港に、掃海艦パトリオツト(同)が高松港にそれぞれ寄港すると発表した。同司令部によると、四国の港への米軍艦船の寄港はここ数年間なかった。  掃海艦は2隻とも、長崎県佐世保市の米海軍佐世保基地が母港。乗組員の観光や休養などが目的だという。18,19日には一般公開される。  新しい日米防衛協力のための指針(ガイドライン)の見直しが本格化した96年以降、米軍艦船の民間港への寄港が急増しており、横須賀市の市民団体「非核市民宣言運動・ヨコスカ」の新倉裕史さんは「ガイドラインの地ならしの一環」と話している。 (朝日新聞 1999年5月15日)


ニュース見出し