核軍縮:10カ国外相会合「リスクの低い世界」創出で一致 (毎日新聞 2010年9月24日) 


 【ニューヨーク山科武司】前原誠司外相とオーストラリアのラッド外相は22日、米ニューヨークで核軍縮・不拡散に関し、有志国10カ国による外相会合を共催した。今年5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議で「核兵器の世界的な備蓄減少」などの行動計画が示されたことを踏まえ、「核リスクの低い世界」の創出に向けて一致して取り組んでいくとの共同声明を採択し、発表した。

 声明は、核兵器の数や役割を減らす「核軍縮」、核の輸出管理体制を強化する「核不拡散」、核テロ対策を強化する「核の安全保障」の三つを同時に追求することが、「核リスクの低い世界」を創出すると規定。それが将来の「核のない世界」につながるとの考え方に基づき、有志国が一致して取り組んでいく姿勢を強調した。

 会合後、記者会見した前原外相は「究極の目的は核兵器のない世界をつくることだが、その移行期の現実的な取り組みだ」と意義を説明した。

 この日参加したのは日豪のほか、カナダ、チリ、ドイツ、メキシコ、オランダ、ポーランド、トルコ、アラブ首長国連邦の8カ国。


ニュース見出し