核燃料工場で臨界事故か:作業員3人被曝(朝日新聞 1999年9月30日夕刊)

茨城県に入った連絡によると30日午前10時半ごろ、茨城県東海村石神外宿のジェー・シー・オー(旧日本核燃料コンバージョン)の転換試験棟で事故が発生し、施設周辺の空間線量率が通常の7−10倍の数値を示したという。このため、県は工場の敷地外を含む周囲200メートルを立ち入り禁止にした。少なくとも作業員3人が被ばくし、国立水戸病院に搬送された。同社からの連絡によると、臨界事故の可能性が高い、という。                                        
 
 県によると、事故当時は核燃料の製造中だった。同社によると、6フッ化ウランを転換中に核分裂反応が起こり、制御できなくなって臨界に達した可能性があるという。
  

同社は6フツ化ウランを 二酸化ウラン粉末に転換し、成型加工メーカーに納入しており、事故当時は核燃料サイクル開発機構の高速炉・常陽の燃料などを製造していた。
  

茨城県によると、事業所側が午前11時36分から50分にかけて周辺の放射線量を測定しだところ、事業所のすぐ外側の道路で通常値の1万6000倍に達したという。現場から2キロ離れた測定地点でも、数分間にわたって約10倍の値を示した。
 

3人が運ばれた国立水戸病院によると、3人のうち1人は大量に放射線を浴びている模様で重症たという。3人はヘリコプターで 千葉市にある放射線医学総合研究所に転送される予定だ。
  

科学技術庁に入った連絡によると、転換試験棟では6フツ化ウランを二酸化ウランに転換する作業をしていたとみられる。空気などとの接触によるものではなく、ウラン化合物を溶かし込む溶液の濃度が濃くなったために、核分裂が自然に進む「臨界状態」が局所的に起こった可能性も考えられるという。
  

ウラン工場の南西敷地境界では、一時間あたり0.84ミリシーベルトの空間放射線量が測定された。通常は約0.2マイクロシーベルトで、この約4千倍に当たるという。同庁は、管理官を現地に派遣して、原因などの調査を進めるとしている。
        


ニュース見出し