関電の原発、配管管理で違反46件 不適切行為は78件(朝日新聞2005年3月3日)

 昨年8月に福井県で11人の死傷者を出した関西電力美浜原発の蒸気噴出事故をめぐり、経済産業省原子力安全・保安院が関電の美浜、大飯、高浜の全原発を調査したところ、配管管理で法に基づく技術基準の不適切な行為が92年度から78件に上り、うち違反状態が46件あったことが3日、分かった。配管の肉厚が基準値を下回るほど減っていることなどを知りながら、定期検査ごとに何度も交換を先送りした悪質事例は11件あった。保安院は、関電の再発防止策はまだ不十分だとの見解を示した。

 保安院が3日午前、総合資源エネルギー調査会(経済産業相の諮問機関)の事故調査委員会に報告した。

 美浜事故をきっかけに、同社が技術基準値を無視して独自解釈で管理していた例が相次いで発覚した。交換のための材料を準備していると定期検査を終えるのが遅れるため、検査では基準を割り込むまで1年未満の予測だったり、すでに割り込んでいたりしても、約1年後の次回定検で交換するよう先送りしていた。コスト削減などを目指す社内風潮から、現場には稼働率を下げるような事態は避けたかったという意識が強かった可能性がある。       


ニュース見出し