放射性物質含む漏水 青森の核燃料再処理工場 (しんぶん赤旗2005年6月10日)

 日本原燃は九日、青森 県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場にある使用済み燃料受け入れ・貯 蔵建屋内のプールから、 放射性物質のコバルト60とトリチウムを含む水が漏れていたと発表しました。

 水が漏れたのは縦3b、横11b、深さ12bほどの大きさのプール。390トンの水が蓄えられており、この中で、使用済み核燃料の集合体からバーナブルポイズン(可燃性毒物)とよばれる金属の棒を取り外す作業をします。このプ ールは「バーナブルポイズン取り扱いピット」と呼ばれています。

同社によると、8日午後11時20分ごろ、巡視点検中の社員が、漏えい検知装置で水漏れを確認しました。1分あたり約70ミリリットルの割合で継続的に出水していました。 ピットのどの部分から漏れているかは分かっていません。漏水が止まらないため、水を抜いて原因 を調べるとしています。

 同社によると、ピットは、昨年開始した装置の取り換え工事を終えて今月2日に水張りを完了したばかりで、水漏れが起こったときには作業は再開していませんでした。

 漏れた水から放射性物質が検出されたのは、使用済み核燃料が漬かった水を循環させて使用しているためだといいます。 同工場では昨年12月から、劣化ウランを使った試験運転(ウラン試験)が続けられています。同社は同試験の進ちょくに影響を与える可能性もあるとしています。


ニュース見出し