柏崎刈羽原発7号機、運転再開へ 新潟知事が容認(朝日新聞2009年4月8日)

 07年7月の新潟県中越沖地震で停止中の東京電力柏崎刈羽原子力発電所(全7基)の7号機が、電力需要が急増する夏を前に、近く運転再開する見通しとなった。泉田裕彦知事が7日、事実上、運転再開を容認する姿勢を示した。原発が立地する柏崎市の会田洋市長、刈羽村の品田宏夫村長と三者会談を近く開き、正式に決める方針。地震で被災した原発が長期停止後に再稼働するのは初めて。

 この日、県が設置した「原子力発電所の安全管理に関する技術委員会」(座長、代谷誠治・京大原子炉実験所教授)が、機器の点検作業が最も進んでいる7号機(改良型沸騰水型炉、135.6万キロワット)の安全性について、再開容認の見解をまとめた最終報告書を知事に提出した。知事は「運転再開に向けた前提条件の安全性はおおむね確保されていると受け止めた」と語った。柏崎市長と刈羽村長はすでに、再開容認の姿勢を示しており、知事の判断が焦点だった。

 東京電力は「7号機(の安全性)について、ご理解頂いたと受け止めている」としている。三者会談で正式に容認されれば、東電はすぐに試運転を開始する。冷房需要が急増する夏までには営業運転に入りたい考えだ。

 柏崎刈羽原発は、中越沖地震で震度6強から7程度の強い揺れに見舞われた。揺れは設計上の想定を大きく上回ったが、7号機はその中では比較的揺れが小さめで、目立った被害はなかった。

 国は今年2月、「安全性は確保されている」との見解をまとめた。東電はこれを受けて、地元との安全協定に基づき、3首長に運転再開を申し入れていた。

 夏の東電管内の最大電力は6千万キロワットを超える。柏崎刈羽原発は計821.2万キロワットをまかなえることから、停止した影響は大きかった。地震のあった07年夏は、火力発電所の出力を増強、他社から融通してもらったり、大口顧客に電気使用を控えてもらったりしてしのいだ。(奈良部健)

     ◇

 <東京電力柏崎刈羽原子力発電所> 新潟県柏崎市と刈羽村にまたがり、約420万平方メートルの敷地に沸騰水型炉(BWR)5基、改良型沸騰水型炉(ABWR)2基の計7基がある。85年9月に1号機が運転を開始。7基の合計出力は821.2万キロワットで、1カ所の発電所としては世界最大。07年7月の中越沖地震で運転中の4基が緊急停止。地震の影響で微量の放射性物質が大気や海に放出されたほか、3号機変圧器から火災が発生した。

福島第二原発、操作室のケーブル焦げる 放射能漏れなし(朝日新聞2009年4月9日)

 8日午前10時22分ごろ、定期検査中の東京電力福島第二原子力発電所1号機(福島県楢葉町)の中央操作室で、室内の照明用のブレーカーが入っている「分電盤」のケーブルが焦げているのを同社員が見つけ、消防に通報した。東電が原因を調べているが、放射能漏れなど外部への影響はないという。

 当時、中央操作室には10人以上がいて、テレビカメラを取りつける作業などをしていたという。

中国電力、上関原発の造成に着手 計画浮上から27年(朝日新聞2009年4月9日)

 上関原子力発電所(山口県上関町)の建設を計画している中国電力は8日、原発用地の造成工事に着手した。1号機の10年度着工、15年度の運転開始を目指す。82年の計画浮上から27年を経て、建設に向けた具体的な作業が始まった。

 造成するのは約33ヘクタール(うち約14ヘクタールは海面の埋め立て造成)。この日は、造成の準備として、同町長島の四代地区にある同社の所有地で、周辺の山から出る雨水を処理する排水路の整備工事を始めた。同社は現在、予定地周辺で観察された国の天然記念物、カンムリウミスズメの繁殖の可能性を調べており、影響がないことを確認したうえで本格的な造成にとりかかる方針だ。造成工事全体には5年程度かかる見通し。

 中国電は3月、予定地内にある保安林で造成工事をするための作業許可を山口県に申請。同県は今月6日に許可した。同社は今年度中に原子炉設置許可を国に申請する予定で「できるだけ早くしたい」としている。国の審査は2年程度かかるとみられ、許可が出れば、造成工事と並行して1号機の建設を進める。

 同社は当初、1号機を「01年度着工、06年度運転開始」と計画したが、用地取得の遅れや裁判の長期化など根強い反対運動の影響でずれ込んでいる。原発計画を巡っては、上関町祝島の漁業者約70人が県を相手取り、造成のための公有水面埋め立て許可の取り消しを求めて山口地裁で争っている。

 建設に反対する「原発いらん!山口ネットワーク」の武重登美子代表(75)は「非常に腹立たしい思い。瀬戸内の自然を破壊して、漁業で生きる祝島住民の生活権を奪うものだ。希少なカンムリウミスズメの生態など懸念材料がたくさんあるのに、県が工事を許可し、国や事業者が強引に工事を進めるのは悪質だ」と話した。

 中国電の末広恵雄・副社長は「今後、他の工事についても準備が整ったものから順次実施する。地域の皆様からご理解いただくよう努めるとともに、環境保全と安全の確保に万全を期して工事を進めていく」との談話を出した。





ニュース見出し