カザフ核実験場周辺住民 生殖細胞の変異率2倍に(しんぶん赤旗 2002年2月24日)
 
 
カザフスタン・セミパラチンスクの核実験場周辺の住民では、次世代に引き継がれる遺伝子の突然変異の頻度が、通常より2倍近く高いという研究結果が、米科学誌『サイエンス』(8日号)に発表されました。
 

この核実験場では、1949年から89年まで、旧ソ連が約470回の核実験を実施。63年までは大気中と地上での核実験が、63年以後は地下核実験がおこなわれました。49〜56年に実施された4回の地上での核実験で、周辺の住民はとくに強い放射能を持つ放射性降下物にさらされました。
 

英国、カザフスタンなどの研究グループは、実験場周辺の農村地帯に住む親、子、孫の三世代がいる40家族から血液を採取して、DNAの突然変異の頻度を調べました。48年以前に生まれた第一世代は4回の地上核実験を体験しています。第二世代の何人かは、50年から56年の間に生まれています。研究グループは、核実験の影響を受けていない別の農村地帯の28八家族についても同じ調査をしました。
 

その結果、地上の核実験で被ばくした第一世代の生殖細胞系列の突然変異率が、被ばくしていない地域に比べ、1.8倍高くなっていました。第二世代では同じく1.5倍でした。
 

60年以降に生まれた人の突然変異率は、着実に低下しており、これは63年以降の大気中核実験禁止によるものとみられています。


ニュース見出し