核廃絶決議、北朝鮮非難盛り採択 国連(朝日新聞 2006年10月28日)

 核廃絶を訴える日本主導の決議案が26日、軍縮・安全保障問題を協議する国連総会の第1委員会で採択された。94年以来、毎年採択され続けているが、今回は「北朝鮮が10月9日に実施を発表した核実験を非難」するとの表現が盛り込まれ、これまでの最多だった昨年を上回る169カ国が賛成した。日本の美根慶樹・軍縮大使は「安保理決議に続き、国際社会の大多数が北朝鮮非難に賛成した」と評価した。

 決議案への反対は米国、北朝鮮、インドの3カ国だけ。中国やイスラエル、パキスタン、イランなど8カ国が棄権に回った。

 米国の反対は、ブッシュ政権になった01年以来6年連続。北朝鮮はこれまで棄権を続けていたが、初めて反対に回った。投票に先立ち、北朝鮮代表は「北朝鮮への言及があるのはおかしい」と反対理由を説明。米国代表は逆に、北朝鮮非難を「支持している」との立場を示した。

 同日の委員会では、小型武器が非合法に取引されないよう求める日本など提出の決議案も、賛成172、反対1、棄権なしで採択。通常兵器の国際移転を規制する武器貿易条約(ATT)に向けた専門家会合を開催することを柱とした決議案も賛成139、反対1、棄権24で採択された。両決議案の投票では、いずれも米国だけが反対した。

日本案(文書番号:A/C.1/61/L.32*)
核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意

共同提案国:オーストラリア、ベルギー、チリ、グアテマラ、日本、リトアニア、ネパール、オランダ、スペイン、スイス

第一委員会での票決【賛成169:反対3:棄権8】

賛成:(省略)

反対:アメリカ、インド、朝鮮民主主義人民共和国(前年はアメリカ、インドの2カ国)

棄権:ブータン、中国、キューバ、エジプト(前年は賛成)、イラン、イスラエル、ミャンマー、パキスタン

新アジェンダ連合案(文書番号:A/C.1/61/L.13/Rev.2)
核兵器のない世界へ:核軍縮の約束履行の促進

共同提案国:ブラジル、エジプト、アイルランド、メキシコ、ニュージーランド、南アフリカ、スウェーデン

第一委員会での票決【賛成148:反対7:棄権12】

賛成:(省略)

反対:アメリカ、イギリス、フランス、インド、イスラエル、パキスタン、朝鮮民主主義人民共和国(前年はアメリカ、イギリス、フランス、インド、イスラエルの5カ国)

棄権:アルバニア、オーストラリア、ベラルーシ、ブータン、ギリシャ、ハンガリー、ラトビア、マラウィ、ポーランド、ルーマニア、ロシア連邦、スロベニア(前年は19カ国)

非同盟案(文書番号:A/C.1/61/L.39)
核軍縮

共同提案国:アルジェリア、バングラデシュ、ブルネイ・ダルサラーム、ブルキナファソ、カンボジア、コンゴ、コートジボワール、ドミニカ共和国、ギニア、ハイチ、インドネシア、イラン(イスラム共和国)、ヨルダン、クウェート、ラオス、マダガスカル、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ナミビア、ネパール、フィリピン、サウジアラビア、セネガル、スリランカ、スーダン、タイ、ベトナム、ザンビア、ジンバブエ

第一委員会での票決【賛成105:反対45:棄権16】

賛成:(省略)

反対:アルバニア、アンドラ、オーストラリア、ベルギー、ボスニア

マレーシア案(文書番号:A/C.1/61/L.44)
核兵器の威嚇または使用の適法性に関する国際司法裁判所勧告的意見の後追い

共同提案国:アルジェリア、ブルネイ・ダルサラーム、キューバ、ドミニカ共和国、エジプト、グアテマラ、インド、インドネシア、イラン(イスラム共和国)、クウェート、リビア、マダガスカル、マレーシア、マラウィ、メキシコ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、ペルー、フィリピン、サウジアラビア、タイ、ベトナム

第一委員会での票決:

決議案全体についての投票:【賛成117:反対27:棄権26】

賛成:(省略)

反対:アルバニア、ベルギー、ブルガリア、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イスラエル、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ロシア連邦、スロバキア、スロベニア、スペイン、トルコ、英国、アメリカ

棄権:アンドラ、オーストラリア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ボスニア

核廃絶決議案、国連総会で採択 北朝鮮非難盛り込む (2006年12月8日夕刊)

 国連総会は6日、日本が提出していた核軍縮を訴える決議案を賛成167、棄権7、反対4で採択し、決議は成立した。94年以来、毎年採択されているが、今回は「北朝鮮が10月9日に実施を発表した核実験を非難する」との一節が盛り込まれた。

 反対投票をしたのは米国、インド、北朝鮮、パキスタン。米国はブッシュ政権になった01年以来6年連続で反対。北朝鮮はこれまで棄権を続けていたが、初めて反対に回った。パキスタンは投票締め切り後に「棄権の誤りだった」と主張した。中国、イラン、イスラエル、エジプト、ブータン、ミャンマー、キューバが棄権した。


ニュース見出し