国連総会核保有国の軍縮決議を採択(朝日新聞 1999年12月2日夕刊)
 
 ニユーヨーク1日=村上伸一:国連総会は1日本会議で、第一委員会(軍縮、安全保障)から送られてきた日本提案の「核兵器の究極的廃絶に向けた核軍縮」決議を賛成153、反対0、棄権12の圧倒的賛成多数で正式に採択した。

 もっと具体的な軍縮努力を核保有国に求めるエジプトや南アフリカ、スウェーデンなどの「新アジェンダ連合」による「核兵器のない世界へ」決議も、賛成111、反対13、棄樵39で採択された。
 

 また、米国の狙う弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約の修正に反対する口シアと中国などの「ABM条約順守」決議は、賛成80、反対4、棄権68で採択された。

  賛否と棄権に分かれた外国の内訳は、第一委の時とほとんど変わっていない。6年連続で採択された日本の「決議」は、昨年ま2年連続で一致して賛成していた核保有五力国のうち、ロシアと中国、フランスが棄権に回つている。


 新アジェンダ連合の決議では、核保有国のうち中国だけが棄権し、残る四カ国は反対した。米の核の傘に入つている日本やドイツ、カナダなどは棄権した。


ニュース見出し