リビア、核兵器開発認め即時無条件廃棄を確約 米英発表(朝日新聞 2003年12月20日夕刊)

 

 ブッシュ米大統領とブレア英首相は19日、それぞれ記者会見し、リビアの最高指導者カダフィ大佐が核兵器をはじめとする大量破壊兵器を開発していた事実を認めた上、即時かつ無条件の廃棄を受け入れたと発表した。射程300キロ以上の弾道ミサイルも解体し、国際査察を受け入れる。米英両国との9カ月にわたる秘密交渉の末、合意したという。ブッシュ大統領はリビアが「米国や他の自由主義諸国との関係改善」に向けて歩み始めたと指摘。「他の指導者たちがリビアを手本にすることを望む」と述べ、北朝鮮などに同様の決断を迫る考えを強調した。

 米政府高官は19日、米英両国の調査団が10月と12月、リビアを訪問し、10カ所以上の核開発関連施設に立ち入ったことを明らかにした。

 同高官によると、ウラン濃縮施設、遠心分離器を発見した。また、大量のマスタードガスや化学兵器用の弾頭、神経ガスの生産につながる先駆物質も公開。リビア政府はスカッド型ミサイルの開発で北朝鮮と長年の協力関係にあったことも認めたという。

 また、同高官は、リビアの核兵器開発計画が米政府の予想より「はるかに進んでいた」と指摘。リビア側がイラク攻撃前後の3月半ばに米英への接触を求めてきたことを明らかにした。そのうえで、フセイン元大統領の拘束後に大量破壊兵器の廃棄を表明したことについて「イラクでのことは当然、リビア指導部が知っていたはずだ」と述べ、イラクへの強硬策がリビアに決断を迫った可能性もあるとの見方を示唆した。

 米政府によると、リビアは(1)すべての核兵器開発計画の廃棄(2)国際原子力機関(IAEA)に対する活動報告(3)射程300キロ以上、弾頭500キロ以上の弾道ミサイルの解体(4)核不拡散条約(NPT)の完全履行を確認するための国際的査察の受け入れ(5)化学兵器とその材料すべての破棄と化学兵器禁止条約への加盟(6)以上のことを検証するための査察と監視の即時受け入れ−−を実行することを確約した。

 ブッシュ大統領はホワイトハウスでの緊急会見で、カダフィ大佐の指示に基づいてリビア政府が米英両政府に対し、化学・生物・核兵器と弾道ミサイル開発計画に関する資料を提出済みであることを明らかにした。また、すでに米英の専門家がリビア政府当局者と会い、追加情報の聞き取りを行っているとも述べた。

 そのうえで「リビアは国際社会に戻るプロセスに乗り出した」と述べ、同国との関係を修復、強化する考えを示した。また、「大量破壊兵器がもたらすのは、影響力でも威信でもなく、孤立であり、歓迎されざる結果である」と警告し、大量破壊兵器の廃棄に応じない国家にはイラクと同様、武力行使も辞さない考えを改めて強調した。

 ブッシュ大統領に先立ち、ブレア英首相もロンドンで記者会見し、「カダフィ大佐の勇気ある歴史的決断をたたえる」と語った。ブレア首相によると、リビア側はIAEAの保障措置(核査察)協定を順守する用意も表明した、という。

リビアの大量破壊兵器廃棄に関する米英首脳の発表の概要

 リビアの大量破壊兵器廃棄についてブッシュ米大統領とブレア英首相が19日に発表した概要は次の通り。

 一、カダフィ大佐はすべての大量破壊兵器計画を公表し、廃棄すると公に確認した。

 一、国際機関の査察官の入国を即時、無条件に認めることに同意した。査察官は、あらゆる核、化学、生物兵器計画について、その廃棄を監督することになる。

 一、今年3月にカダフィ大佐が特使を通じて接触し、政策を決定的に変える意向を伝えた。リビアの当局者はすでに、化学、生物兵器、核、弾道ミサイルの計画と活動についての資料を米英の当局者に提供した。

 一、テロとの戦いにおいて、(大量破壊兵器の)拡散防止は最優先課題だ。様々な政府が、大量破壊兵器を製造、取得し、テロリストグループとのつながりを維持するならば、(9・11事件のような)危険は劇的に増加するだろう。

 一、米国と同盟国は、(大量破壊兵器の)拡散の課題を解決するために、外交や、時に必要とされる断固とした行動を通じて、幅広く、活発な戦略をとってきた。輸送中の危険な物質や技術を遮断する拡散防止構想(PSI)も始めた。こうした脅威に対処するために北朝鮮の場合のように、多国間アプローチの重要性を強調してきた。

 一、われわれはサダム・フセイン(イラク元大統領)に武装解除をしたことを証明することを求める国連安全保障理事会の追加決議を通過させ、この決議が拒否された際に連合軍を率いて力でそれを実行させた。米国と同盟国によるこうしたすべての行動は、大量破壊兵器を求めたり、所有したりしている政府に明確なメッセージを送った。

 一、大量破壊兵器と運搬手段を放棄すれば、米国や他の自由な諸国との関係改善の道が開けるというメッセージも明確にされるべきだ。リビアは今日、発表した約束を実行すべきだ。また、テロとの戦いに完全に参加すべきだ。

 一、リビア政府がこうした本質的な措置をとり、その真剣さを示すことにより、信頼が回復されるだろう。国際社会において確かで尊敬される地位を得ることができ、米英との関係もずっと改善することができるだろう。

 一、リビアが国内改革を行うなら、米国は自由で繁栄した国造りを支援する用意がある。他の国の指導者たちがリビアの発表をひとつの手本とすることを望む。

 一、潜在的な敵対国の指導者たちが、賢明で責任ある選択をし、テロと大量破壊兵器を放棄するなら、彼らの国民の利益に役立つだけでなく、すべての国の安全も高めることになるだろう。


ニュース見出し