リビア核物資・技術すべて闇市場で入手 リビア外相認める(朝日新聞2004年9月23日) 

 リビアのムハンマド・シャルガム外相(55)は21日、滞在先のニューヨークで朝日新聞記者との単独会見に応じ、同国の核兵器開発計画と廃棄決定のいきさつについて語った。外相は「必要なものはすべてブラックマーケットで入手した」と語り、リビアと「核の闇市場」との関係を政府として初めて認めた。核計画廃棄を決定したことについては、「核を持っていても、だれに対して使うのか」と述べ「7年前から議論し、保有しない方が国家にとってより安全だとの結論に達した」と説明した。

 シャルガム外相は「我が国のウラン濃縮に関する物資はすべて闇市場から調達した。技術もすべて闇市場で見つけることができた」と言明。核兵器製造に必要なウランの濃縮技術を、パキスタンの核開発者カーン博士が築いた闇のネットワークから手に入れたことを認めた。

 またウラン濃縮のための遠心分離器や、天然ウランを精錬したウラン精鉱(イエローケーキ)も入手していたことを明らかにした。

 濃縮ウランの前段階である六フッ化ウランがリビアで見つかり、これが北朝鮮から来たと国際原子力機関(IAEA)筋などが指摘していることについて、外相は「リビアは北朝鮮と協力関係があったが、それは特に秘密ではない」と明言を避けた。

 リビアの核開発計画にパキスタンや北朝鮮が直接関与したと取りざたされていることに関しては、「どの国の政府とも直接取引はしていない」と述べ、かかわりを否定した。

 リビアは昨年12月、「かつて核兵器を含む大量破壊兵器の開発を計画していたが、すでに廃棄した」と公表。その後、IAEAの査察を受け入れた。IAEAの報告書はリビアと核の闇市場との関係を示唆したが、これまでリビアは関係を認めていなかった。

 一方、核開発計画の廃棄については「7年前から内部で議論していた。保有か廃棄かをてんびんにかけ、持たない方が国家の安全につながると確信した」と説明した。そのうえで「ベトナム戦争では、米軍は核兵器を使用できなかった。アフガニスタンは、核を持つソ連を追い返した。核兵器を持っていても使えない」と話した。

 リビアの閣僚や政策担当者が外国メディアの取材に応じることはまれで、核開発の実態もこれまでほとんど明らかになっていない。

 シャルガム氏はカイロ大卒業後ジャーナリストとして活動。駐イタリア大使を経て全人民委員会対外連絡・国際協力書記(外相)に就任した。詩人、文筆家としても知られる。国連総会出席のためニューヨークを訪れた。


ニュース見出し