松谷さん原爆訴訟勝利 最高裁国に認定制度見直し迫る(しんぶん赤旗 2000年7月19日)

 原爆投下で被爆し、右半身まひとなった長崎市の松谷英子(まつや・ひでこ)さん(58)が国を相手取り原爆症認定を求めた訴訟の上告審判決が18日、最高裁第3小法廷(金谷利広裁判長)でありました。

 判決は国の認定方式を批判し、国側の上告を棄却しました。これにより、提訴から12年ぶりに松谷さんの勝利が確定しました。原爆症認定をめぐる最高裁判断は初めてです。日本の被爆行政、とくに原爆症認定制度の見直しを迫る判決です。


 判決では、現行の認定システムである「DS86」について、松谷さんの脱毛が[必ずしも十分に説明できない」と指摘し、放射線量を爆心地からの距離で推計する計算式の機械的な適用を否定しました。また、被害の因果関係の立証について「相当程度のがい然性があれば足りる」とし、ニ審判断を否定しましたが、「放射線起因性があるとの認定を導くことも可能」とのべ、松谷さんの場合は立証基準を満たしていると判断しました。
 

 松谷さんは3歳5ヵ月の時、爆心地から約2.5 km離れた自宅で被爆し、右半身不随などになりました。「頭部の負傷の治癒が放射線によって遅れ、障害が重度化した」として国に対して原爆症の認定を申請しましたが、却下されたため、88年9月に提訴。長崎地裁(93年)、福岡高裁(97年)と松谷さん側か勝利し、遠距離被爆者と放射線の因果関係を認め、国側の控訴を棄却しました。このため、国側が上告していました。


ニュース見出し