未臨界核実験を強行 今年3回目 新シリーズに着手 米国 (しんぶん赤旗 2002年8月31日)

 【ワシントン29日遠藤誠二】米エネルギー省は二十九日、ネバダ州の地下核実験施設で未臨界核実験「マリオ」を同日正午 (米西部時間)に実施したと発表しました。

国防総省が議会に提出した「核態勢見直し」報告が、核兵器の使用を現実のものと 想定。核兵器使用を含めた先制攻撃論がブッシュ政権首脳部から声高に叫ばれているなかでの核実験です。  

実験をおこなったのは、ニューメキシコ州にあるロスアラモス国立核兵器研究所。「マリオ」は、前回までローレンス・リバモア 国立研究所(カリフォルニア州)が担当していた「オーボエ」にかわる新シリーズになるもので、ブッシュ政権としての新核戦略の 具体化につながるものとみられます。  

実験は、ラスベガス北西約百四十キロ地点にあるネバダ州のウラ実験施設で、地下約三百メートルに掘られたトンネル内の施 設に火薬による強力な爆発でプルトニウムに圧力を与えデータを収集。プルトニウムからの噴出物などを調べるといいます。

 未臨界核実験は今年に入り二月十四日と六月七日に続き三度目。ブッシュ政権発足後では五度目で、総計で十八回目。今 年二月の実験「ビート」は英国との合同でおこなわれました。


ニュース見出し