米が9回目未臨界核実験 今年初(朝日新聞 2000年2月4日夕刊)  

 「ワシントン3日=辻篤子」米エネルギー省は3日夕(日本時間4日朝ベネバダ州の地下核実験場で今年初の未臨界核実験をしたと発表した。米国の未臨界核実験は1997年7月に始まり、今回が9回目。実験の頻度を上げるために開発された方法を使う「オーボエ」シリーズの3回目で、昨年9月以来、短い間隔で試みられてきた。実験は今後も高頻度で続くとみられる。  

 同省によれば、米臨界核実験は、核兵器の「安全性」と「信頼性」を確保するためのデータを得るのがねらいで、連鎖反応を起こす臨界状態には達しない。包括的核実験禁止条約(CTBT)は核爆発を伴う実験を禁止しており、同省は、今回の実験が連鎖反応を起こさないことを強調している。

 地下約290メートルのトンネル内の小室で、高性能火薬を爆発させて衝撃波をプルトニウムに当て、表面の反応を調べた。
  

 「オーボエ」は、閉じこめ容器を使い、その中に小小型容器を入れて実験する。従来のように実験のたびに小室を閉鎖する必要はなく、小型容器の交換だけで次の実験ができる。   

ロシアも先月未臨界核実験(朝日新聞 2000年2月5日)  
 

【モスクワ4日=大野正美】イタル・タス通信によると、ロシア原研力省は4日、北極海のノバヤゼムリャ島の実験場で昨年9月23日以降、米臨界核実験を7回実施したことを明らかにした。最後の2回の実験は、今年1月8日に実施した。原子力省は実験の目的に、兵器庫にある核兵器の安全と保管状態の確認をあげている。ロシアは1990年10月から核爆発を伴う核実験を停止している。   


ニュース見出し