米が10回目未臨界核実験(朝日新聞 2000年3月23日夕刊)  

 
  【ワシントンコ日=辻篤子】米エネルギー省は22日、10回目の米臨界核実験をネバダ州の地下核実験場で行ったと発表した。米国の未臨界核実験は2月初めに続いて今年2回目。インドを訪間中のクリントン大統領は同日、同国会で核の危険を訴える演説をしており、皮肉なタイミングとなった。

 インドは同様の実験を行う方針を明らかにしており、包括的核実験禁止条約(CTBT)の精神に反すると批判される実験に歯止めがかかりそうにない情勢だ。
 

 同省によれば、米国が保有する核兵器の安全性と信頼性を確保するためのデータを取るための実験という。連鎖反応を起こす臨界状態には達しないのでCTBTには違反しないというのが米国の立場だ。この日の実験でも、核物質は未臨界状態にとどまっていたことが確認されたとしている。今回の実験は「サラブレッド」と命名され、ロスアラモス国立研究所が行った。詳細は明らかにされていないが、特殊な核物質の反応を調べ、核爆発の模擬実験に必要な物理的なデータを得たという。
   


ニュース見出し