未臨界核実験を実施 米、今年3回目(朝日新聞 2000年4月7日夕刊)  

 
 【ワシントン6日=辻篤子】米エネルギー省は6日午後(日本時間7日朝ベネバダ州の地下核実験場で1997年7月以来11回目になる未臨界核実験を行ったと発表した。今年に入って3回目。
 同省によれば、米国が保有する核兵器の安全性と信頼性を確保するためのデータを取るのが目的。核分裂の連鎖反応を起こす臨界状態には達しないことからこう呼ばれる。同省は、今回の実験も未臨界状態にとどまったことが確認されたとしている。


 ラスベガスの北西約140キロ実験場にある地下約290メートルのトンネル内の小室で未臨界実験が行われた。高性能火薬を爆発させて衝撃波をプルとーウムに当て、表面の反応を調べた。 


ニュース見出し