ブッシュ政権下初の未臨界核実験を実施(朝日新聞 2001年9月27日夕刊)

 米エネルギー省は26日、米太平洋時間同日午後1時47分(日本時間27日午前5時47 分)にネバダ州の実験場で、ブッシュ政権になって初の未臨界核実験を実施したと発表した。昨年12月以来の実験で、97年7月からの通算では14回目。広報担当者は「成功だった」としている。

 ローレンス・リバモア国立研究所が計画した「オーボエ」シリーズと呼ばれる実験で、地下約300メートルのトンネルで高性能火薬を爆発させて核爆発時のプルトニウムのふるまいを調べた。

プルトニウムは、年月がたつと放射線を出しながら別の物質に変わっていく。このため、米 国やロシアは、核兵器が保管中に爆発しないか、計画した破壊力を示すかの確認が核戦力維持のために必要だとしている。

 非核保有国などは、核爆発を伴う核実験を禁止した包括的核実験禁止条約(CTBT)を骨 抜きにすると反発しているが、ブッシュ政権はCTBTを死文化する方針を示しており、政府機関研究者の間には地下核実験再開を期待する声も出始めている。


ニュース見出し