米が未臨界核実験 今年4回目、日常化進む(朝日新聞 2000年8月19日夕刊)

ワシントン18日=大牟田透】米エネルギー省は米太平洋時間18八日午後5時すぎ(日本時間19日午前9時すぎ)、ネバダ州の実験場で、地下での未臨界核実験を実施した。今年4回目で、測定機器の調整で当初予定より1日遅れた。1997年7月から通算12回目。「核軍縮に逆行する」との批判の中、実験の日常化が進んでいる。


 ローレンス・リバモア国立研究所が計画した「オーボエ」シリーズの実験で、発表によると、深さ約300メートルの縦穴の底で行われた。金属容器内で高性能火薬を爆発させて核爆発を模擬し、プルトニウムの動きなどを調べた。 エネルギー省は「核分裂の連鎖反応に至ることなく、目的のデータを得ることができた」としている。
 

 このシリーズの実験は密封容器内で行うため、縦穴が汚染されず繰り返し使える。ロスアラモス国立研究所(二ューメキシコ州)では「地上での未臨界核実験計画」も始まっており、コストを下げ、核兵器関連実験が日常的にできる態勢が整えられつつある。


 米国政府は「包括的核実験禁止条約が禁ずる地下核実験をせずに、現有核兵器の安全性と信頼性を維持することが目的」と説明しているが、「新型核兵器の開発にもつながる」と非核保有国などから強く批判されている。


ニュース見出し